Rakuten infoseek

辞書

河鹿【カジカ】

デジタル大辞泉

か‐じか【河鹿】
《かわしか(河鹿)の意。鳴き声が鹿に似るところから》カジカガエルの別名。 夏》「―鳴いて石ころ多き小川かな/子規

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かじか【河鹿】
カジカガエルに同じ。 [季] 夏。 湯宿皆夕影ひきぬ-鳴く /虚子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

河鹿 (カジカ)
動物。カジカ科の魚類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河鹿 (カジカ)
動物。アオガエル科のカエル。カジカガエルの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐じか【河鹿】
〘名〙
① =かじかがえる(河鹿蛙)《季・夏》
※俳諧・時勢粧(1672)一「秋しもあれ風声水音鳴かじか〈紫塵〉」
② 沢庵漬をいう、てきや・盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一二「押しのきいたカジカ(沢庵)そっくりのきたならしい色になり」
[補注]近世の歳時記類などでは秋の季語としているが、秋には鳴かなくなる。明治の句集類でもそれを継承しているが、実態に合わせて夏の季語になったのは、大正もしくは昭和以後である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河鹿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河鹿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.