Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

河西【かせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

河西
かせい
He-xi; Ho-hsi
中国,カンスー(甘粛)省ホワン(黄)河西の地域。前の時代に酒泉郡張掖郡敦煌郡(→トンホワン〈敦煌〉市),武威郡が置かれた。シルクロード東端にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐せい【河西】
中国甘粛(かんしゅく)西部の地域。黄河より西をさし、西域との通商要地涼州(りょうしゅう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせい【河西】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

河西
かせい / ホーシー

中国、西北地区中部の地域名。もともと黄河(こうが/ホワンホー)の西をいい、春秋戦国時代には黄河中流より西の陝西(せんせい/シャンシー)、山西(さんせい/シャンシー)両省の一部をさしたが、漢民族の版図の拡大とともに、甘粛(かんしゅく/カンスー)、青海(せいかい/チンハイ)両省など、黄河上流より西の地域をいった。このなかでとくに歴史的に重要なのは、甘粛省の蘭州(らんしゅう/ランチョウ)から北西へ、烏鞘嶺(うしょうれい)を越えて、祁連(きれん)山脈と合黎(ごうれい)山、竜首(りゅうしゅ)山に挟まれて細長く続く、河西回廊(走廊)とよばれる地域である。平行して走る万里の長城を越えて北には、砂漠地帯が広がり、生活の拠点は、氷河や万年雪をもつ祁連山脈からの河川によって、山麓(さんろく)に点々と連続して形成されるオアシスにある。前漢武帝のとき、匈奴(きょうど)との戦いに勝ち、ここに酒泉(しゅせん)、武威(ぶい)、張掖(ちょうえき)、敦煌(とんこう)の4郡(河西四郡)が置かれ、西域(せいいき)開発の基地となった。その後もしばしば異民族の占領するところとなったが、シルク・ロード上の交易都市としてオアシスは栄えた。現在も蘭新(らんしん)鉄道が通って、中央アジアと中国を結ぶ要路であり、玉門(ぎょくもん/ユイメン)などの工業基地もある。

[秋山元秀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐せい【河西】
中国、黄河以西の地の総称。主として甘粛省西部地域で、蒙古の砂漠地帯を北にひかえたオアシス地帯。河右。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河西の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.