Rakuten infoseek

辞書

河川敷【カセンシキ】

デジタル大辞泉

かせん‐しき【河川敷】
河道堤防をあわせた区域河川法によって定められ、河川の一部とみなされ、増水時に達する川幅最大限をとっている。かせんじき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせんしき【河川敷 river location】
河川敷地ともいう。河川法では,堤防敷高水敷低水敷を河川区域と定めているが,河川敷はこのうちの高水敷,低水敷に対する総称である。低水敷は常時水がれている部分をいい,高水敷は洪水時に冠水する部分をいう。 河川敷は,河川の流路を形成し,洪水時にはこれを安全に流過させるための土地であり,本来公有地であるべきである。しかし,明治時代以来の河川改修において,財政上の理由から河川敷の土地のすべてを買収することはできず,河川敷内に民有地が残されている河川が少なからず存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かせんしき【河川敷】
河岸の敷地。堤防と堤防との間にはさまれた区域。高水時に水の流れる高水敷と平時に水の流れる低水敷とからなる。河道。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

河川敷
かせんしき
河道部分(堤外地)と堤防敷を合わせた区域。河川敷は動植物の生息空間となり、また公園、グランド、農地などとして利用される。川 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かせん‐じき【河川敷】
〘名〙 (「かせんしき」とも) 河川法によって河川の一部と規定された、河岸にある敷地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河川敷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河川敷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.