Rakuten infoseek

辞書

河南登封の文化財 “天地之中”【かなんとうほうのぶんかざい てんちのちゅう】

世界遺産詳解

かなんとうほうのぶんかざい てんちのちゅう【河南登封の文化財 “天地之中”】
2010年に登録された世界遺産(文化遺産)。中国の黄河流域、河南省登封市を中心とした、およそ40km2におよぶ遺跡群。聖山の一つとして名高い嵩山(すうざん)の麓に、8つの建築物を含む数々の遺跡があり、中国で最も古い宗教建造物とされる嵩山三闕銘(さんけつめい)、周公廟の観星台や日時計台、登封天文台、そして寺院などが含まれる。これらは9つの王朝が築き上げた建造物で、天地の中心という思想、神聖な山への信仰などが、それぞれに異なる表現で反映されている。古代中国の儀式、科学、技術、教育に関連した重要な遺跡群である。◇英名はHistoric Monuments of Dengfeng in “The Centre of Heaven and Earth”

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河南登封の文化財 “天地之中”」の用語解説はコトバンクが提供しています。

河南登封の文化財 “天地之中”の関連情報

関連キーワード

愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大分県の要覧大阪府の要覧沖縄県の要覧

他サービスで検索

「河南登封の文化財 “天地之中”」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.