Rakuten infoseek

辞書

沖/澳【オキ】

デジタル大辞泉

おき【沖/×澳】
海または湖などで、岸から遠く離れた所。「―に出る」
広々とした田畑野原の遠い所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう【沖】[漢字項目]
常用漢字] [音]チュウ(漢) [訓]おき
〈チュウ〉まっすぐに高く上がる。「沖天
〈おき〉「沖合沖魚
[補説]「冲」は異体字。
[名のり]なか・ふかし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔富山県〕沖(おき)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岡山県〕沖(おき)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひい・る ひひる【沖】
〘自ラ四〙
① ひらひらと飛びあがる。空高く舞いあがる。また、風にひるがえる。かける。
書紀(720)欽明七年七月(寛文版訓)「鴻のごとくに驚り、龍(たつ)のごとくに翥(ヒヒ)りて」
② 高くそびえる。
※海道記(1223頃)蒲原より木瀬川「都てこの峯は、天漢の中に冲(ヒイリ)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひひ・る【沖】
〘自ラ四〙 ⇒ひいる(沖)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖/澳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沖/澳の関連情報

他サービスで検索

「沖/澳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.