Rakuten infoseek

辞書

沖縄島【おきなわじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沖縄島
おきなわじま
南西諸島の中部にある沖縄諸島の主島で沖縄本島とも呼ぶ。面積 1207.87km2沖縄県最大の島で,総人口の 80%以上が居住。国頭(くにがみ。北部),中頭(中部),島尻(南部)に大別される。国頭地方は島の約 3分の2を占め,山地が広く,西銘岳(420m),与那覇岳(よなはだけ。503m),恩納岳(おんなだけ。363m)が脊梁山地をなして海岸に迫り,海岸段丘が発達する。森林,段々畑が広く,裾礁が発達し,景観に優れる。与那覇岳は沖縄島の最高峰で,山頂を中心に与那覇岳天然保護区域が設けられている。北部のやんばる地域はやんばる国立公園に属する。本部半島は嘉津宇岳(452m),八重岳(453m)を中心とする地塊山地で,台地一面がパイナップルミカンの畑となっている。半島の先端備瀬崎一帯は 1975年国際海洋博覧会の会場となった。西海岸一帯は沖縄海岸国定公園に属し,保養地も多い。中頭地方は新第三紀層やサンゴ礁からなる低い台地や丘陵地域で,西側には嘉手納飛行場をはじめ在日アメリカ軍の基地が集中。兵舎,倉庫,軍病院,貸住宅が立ち並ぶ。大半の土地を軍用に接収されたこれらの地域では,経済的に基地依存の傾向が強い。一方,東海岸は,石油産業と近代工業の進出で工業地域への転換が目立つ。島尻地方は丘陵地帯で軍用地が散在する。那覇市とその周辺のほかはサトウキビ栽培を中心とした農村地域。南端部は第2次世界大戦最後の激戦地であり(→沖縄の戦い),沖縄戦跡国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おきなわ‐じま〔おきなは‐〕【沖縄島】
沖縄諸島中最大の島。北東から南西に細長い。面積1206.5平方キロメートル。中心は那覇市第二次大戦の激戦地。沖縄本島(ほんとう)。
霜多正次長編小説。昭和31年(1956)から昭和32年(1957)にかけて、「新日本文学連載。米軍占領下の沖縄に生きる人々の姿をリアルに描く。昭和32年(1957)、第11回毎日出版文化賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おきなわじま【沖縄島】
九州南端と台湾を結ぶ弧状琉球諸島のほぼ中央部に位置する沖縄諸島の主島をいう。一般に沖縄本島とよんでいる。諸島のうち最大の島で,面積約1200km2,全県の53%の面積に県の総人口の約90%,114万5323人(1995)が居住する人口稠密(ちゆうみつ)な島である。本島は琉球王府時代から,廃藩置県後の県政時代,第2次大戦後のアメリカ施政時代,1972年の日本復帰後の今日に至るまで,つねに琉球史の中心舞台となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おきなわじま【沖縄島】
沖縄諸島中最大の島。県庁所在地の那覇市がある。第二次大戦の激戦地。沖縄本島。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おきなわ‐じま おきなは‥【沖縄島】
沖縄諸島の主島。太平洋戦争の最後の激戦地。面積一一八五平方キロメートル。沖縄本島。阿児奈波島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沖縄島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.