Rakuten infoseek

辞書

沖積【チュウセキ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐せき【沖積】
土砂などが流水に運ばれて河口河岸堆積(たいせき)すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

沖積
沖積層から成るもの,あるいは関係すること[Playfair : 1802].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうせき【沖積】
河川によって運ばれてきた土砂が堆積すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おき‐づみ【沖積】
〘名〙 海、川を問わず、を離れた沖のほうに停泊している船に、瀬取り船を使ってを積むこと。
※油問屋旧記(1832)「安治川土蔵え市中より受取、荷合を仕、沖積いたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐せき【沖積】
〘名〙 河川流域やデルタ地帯で、水の流れが運搬した土砂などを堆積すること。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「第三紀層岩の粉砕して沖積せし処を過ぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖積」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沖積の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.