Rakuten infoseek

辞書

沈没【チンボツ】

デジタル大辞泉

ちん‐ぼつ【沈没】
[名](スル)
船などが水中に沈むこと。「台風でタンカーが沈没する」
酒に酔いつぶれること。「二次会の途中で沈没する」
遊びに夢中になって仕事や用事を忘れてしまうこと。特に歓楽街などに入り込んでしまうこと。「まっすぐ帰宅するつもりが、駅前で沈没してしまった」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちんぼつ【沈没】
スル
船などが水中に沈むこと。 濃霧の中で漁船が衝突し、二隻とも-した
酔って正体をなくして動けなくなることを俗にいう語。 五軒目のバーでついに-してしまった
遊郭などに泊まり込んでしまうこと。 悪友と玉の井で-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん‐ぼつ【沈没】
〘名〙
① 水や泥などの中に沈み入ること。水中や物の中に沈んで見えなくなること。また、そのように物がなくなること。
※天台法華宗牛頭法門要纂(805)「第九生死涅槃〈略〉三界衆生、依生死見、沈没六道、欲生死、不生死」 〔魏志‐東夷伝・倭人〕
② ほろびること。隠れてなくなること。埋もれて、存在が人目にふれないこと。また、脱落すること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「敗績沈没するもの其数亦多かるべし」 〔南史‐宋宗室伝上・臨川王道規〕
③ 酔ったり眠ったりして正体を失うこと。また、用事を投げ出して、遊興に夢中になること。
※雪の日(1920)〈志賀直哉〉「間もなく下の玄坊が先づ沈没した。それから暫くして上の理っちゃんも柳の膝で眠って了った」
④ 質に入れること。また、入質した物が流れること。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕
⑤ 芸者や売春婦などになること。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈没」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沈没の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.