Rakuten infoseek

辞書

沈水海岸【ちんすいかいがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

沈水海岸
ちんすいかいがん
shoreline of submergence
沈降海岸ともいう。海面の上昇または陸地沈降など,陸地の沈水によって形成された海岸。一般に海岸線出入りが激しく,溺れ谷と山がちの半島の多い海岸をつくる。V字谷に刻まれた山地が沈水すると,谷は深い湾に,尾根や離島となり,三陸海岸などのようにリアス海岸が形成される。なお,氷食によって形成されたU字谷が沈水すると,ノルウェー海岸などのようにフィヨルド海岸となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちんすい‐かいがん【沈水海岸】
地盤の沈降または海面の上昇によって生じた海岸。尾根は岬に、谷は入り江になるので、屈曲のある海岸線をつくる。リアス式海岸ダルマチア式海岸フィヨルドなど。沈降海岸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちんすいかいがん【沈水海岸】
海水面の上昇あるいは地殻変動によって、陸地が相対的に沈水した結果できた海岸。尾根は岬みさきに、谷は入江となって、屈曲に富む複雑な海岸線をつくる。リアス式海岸やフィヨルド海岸など。 ⇔ 離水海岸

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

沈水海岸
ちんすいかいがん
海面の上昇あるいは地盤の沈降によって、相対的に海水準が上昇し、海が陸地内に侵入した状態の海岸。かつての尾根は岬や島となり、谷の部分は湾や入り江となり、屈曲の多い海岸線をもつことが多い。海岸線の形状は、沈水前の陸上地形によって異なり、壮年山地が沈水すると、樹枝状の入り江をもつリアス式海岸が形成され、沈水の量が小さい台地の場合、大河川下流部は三角江(こう)(エスチュアリーestuary)となる。老年期の山地やかなり開析の進んだ陸地が沈水すると、多島海を形成し、瀬戸内海のような沈水海岸がみられる。
 沈水海岸の沖合いの海底には、海底谷や沈水三角州などの地形が認められることがある。新生代第四紀の完新世(沖積世)前半においては、世界的な海面の上昇があり、各地に著しい沈水海岸が出現したが、その後しだいに岬の部分の海食による後退や、入り江の堆積(たいせき)による前進で平滑される過程にある。[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちんすい‐かいがん【沈水海岸】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈水海岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

沈水海岸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.