Rakuten infoseek

辞書

汽船【きせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

汽船
きせん
steamship
帆船機帆船に対して使われる。狭義では内燃機関によるモータ船に対して,蒸気を原動力として推進機を動かし航行する船舶をさし,蒸気機関にはレシプロ,タービンの両種を含む。一般には広義に使用され,蒸気機関のほか,ディーゼルガスタービンなどの内燃機関や原子力などの各機関によって航行する船舶をも総称している場合がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐せん【汽船】
蒸気の力を動力として動く船。蒸気船船舶法では、機械力を利用して推進する船をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きせん【汽船 steam ship】
元来は蒸気力を使って推進する船のこと。19世紀の初め,機械力による動力船として最初に実用化されたものが蒸気機関を用いたものだったところから,これを備えた船を蒸気船,または船と呼んだ。しかし,その後動力源としてディーゼルエンジン電動機やガスタービン,さらには原子力が利用されるようになったことに伴って,現在ではこれらのディーゼル船,電気推進船,ガスタービン船,原子力船も汽船のうちに含め,動力船と汽船とが同義に使われるようになっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きせん【汽船】
原動力として蒸気機関を備えた船舶の総称。法規上では、蒸気を用いると否とにかかわらず、主として推進機関によって運航する船。普通、モーターボートや軍艦は含まない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

汽船
きせん
推進機関として蒸気機関を備えた船。19世紀の初め、船の推進機関として蒸気機関が最初に実用化され、それ以来、初期の推進機関はすべて蒸気機関であったことから、これを装備した船を蒸気船といい、略して汽船といった。その後、内燃機関など他種の機関が船に使用されるようになって、汽船という名称は、機械力で推進する船すべてをさすようになった。船舶法施行細則には「機械力をもって運航する装置を有する船舶は、蒸気を用いると否とにかかわらず、これを汽船とみなす」と定められている。[森田知治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汽船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汽船の関連情報

他サービスで検索

「汽船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.