Rakuten infoseek

辞書

汽笛一声【キテキイッセイ】

デジタル大辞泉

きてきいっせい【汽笛一声】
志茂田景樹の小説。昭和58年(1983)刊行新橋・横浜間を結ぶ日本初の鉄道建設に人生を賭けた男たちの姿を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汽笛一声」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汽笛一声の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール新興市場

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.