Rakuten infoseek

辞書

池貝庄太郎【いけがいしょうたろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

池貝庄太郎 いけがい-しょうたろう
1869-1934 明治-昭和時代前期の実業家。
明治2年10月10日生まれ。田中製造所(東芝の前身)で旋盤工となる。明治22年東京に池貝工場を創立,国産旋盤をはじめて製作した。池貝式標準旋盤をはじめとする工作機械,石油発動機などで社業を拡大池貝喜四郎とともに池貝鉄工所(現池貝)の基礎をきずいた。昭和9年7月28日死去。66歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いけがいしょうたろう【池貝庄太郎】
1869‐1934(明治2‐昭和9)
明治・大正期の実業家。日本工作機械工業の先駆者。安房加知山藩士の子。1882年横浜の西村機械製造所の徒弟となる。86年田中製造所(現,東芝)の職工となり,旋盤の修理改造の技術を習得する。89年独立して池貝工場を創業し,同年国産第1号の旋盤(イギリス式9フィート手動旋盤2台)を完成。その後,・船用石油エンジンの製作に先鞭をつけ,池貝式セミディーゼル機関,ガソリン石油機関(1914),ディーゼル機関(1919)などの作製に成功する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

池貝庄太郎
いけがいしょうたろう
(1869―1934)
日本の工作機械工業の先駆者的企業家。安房(あわ)国(千葉県)勝山藩士族の長男として東京に生まれる。秩禄(ちつろく)処分後の生活困窮によって13歳から横浜の西村鉄工場の徒弟となり、ついで田中製造所(芝浦製作所の前身)の旋盤工となった。1889年(明治22)に独立して、東京に池貝工場(池貝鉄工の前身)を開業、旋盤の自作に成功した。実弟の喜四郎の協力を得ながら、その後営業の重点を金属加工中心から工作機械の製造、販売に移し、欧米品のコピーを脱した池貝式標準旋盤を1905年(明治38)に発表するなど、国内工作機械工業の発達に貢献した。[四宮俊之]
『森川英正著『日本型経営の展開』(1980・東洋経済新報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池貝庄太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池貝庄太郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.