Rakuten infoseek

辞書

池田好運【イケダコウウン】

デジタル大辞泉

いけだ‐こううん〔‐カウウン〕【池田好運】
江戸初期の航海学者。肥後の人。来日したポルトガル人マノエル=ゴンザロに航海術を学び、元和2年(1616)にルソン島へ渡航。生没年未詳。著「元和(げんな)航海記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

池田好運 いけだ-こううん
?-? 江戸時代前期の航海家。
元和(げんな)2年(1616)ポルトガルの商人ゴンサロとともに長崎から呂宋(ルソン)(フィリピン)に渡航し,実地に航海術をまなぶ。この経験をもとに,4年「元和航海書(記)」(日本最初の西洋流航海術書)をあらわす。寛永13年(1636)長崎沖のポルトガル沈没船から銀をひきあげた。肥後(熊本県)出身。本姓は菊池。通称は与右衛門。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

いけだこううん【池田好運】
江戸初期の天文学者。長崎の人。通称弥右衛門。ポルトガル人から航海術を学び、ルソン島へ実地航海した。生没年未詳。著「元和航海記」「按針術」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

池田好運
いけだこううん
生没年不詳。江戸初期の航海学者、技術者。肥後(熊本県)の菊池氏の出身。長崎の住人。通称は与右衛門入道。来日したポルトガル人航海家マノエル・ゴンザロManuel Gonzaloから航海術を学び、1616年(元和2)ルソン島へ実地航海して技術を体得し、1618年『元和(げんな)航海記』とよばれる無題書(現在京都大学図書館蔵)を著して、東南アジアへの航海に必要な天文、気象、海況の観測心得を、その測定装置の図解とともに説いた。1636年(寛永13)金山排水法とからくりを応用し、長崎港沖の沈没ポルトガル船から積み荷の銀600貫(2250キログラム)の引き揚げに成功した。[石山 洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけだ‐こううん【池田好運】
江戸初期の天文学者。通称与右衛門。長崎の人。ポルトガル人に航海術を学び、ルソンに渡る。著「元和航海書」「按針術」など。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田好運」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池田好運の関連情報

他サービスで検索

「池田好運」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.