Rakuten infoseek

辞書

池内 信嘉【イケノウチ ノブヨシ】

20世紀日本人名事典

池内 信嘉
イケノウチ ノブヨシ

大正期の能楽功労者,能楽研究家



生年
安政5年2月7日(1858年)

没年
昭和9(1934)年5月17日

出生地
伊予国松山(愛媛県松山市)

別名
幼名=嘉源次,号=如水,如翠

学歴〔年〕
愛媛師範〔明治10年〕卒

経歴
愛媛県の小学校教師を務めた後、明治12年上京、英語、漢学を学んだ。13年群馬県の養蚕、製糸業を視察して大いに感じ、松山に帰って養蚕業の普及発達に10余年間努力した。のち県会議員に選ばれた。また幼くして父・池内信夫から能楽の指導を受ける。当時の能楽の衰微を憂い35年再び上京、能楽館を設立し、雑誌「能楽」を発行、さらに能楽研究会を組織、能楽囃子方の養成に尽力。42年能楽会理事、次いで専務理事、大正元年東京音楽学校嘱託(のち教授)となった。編著に「喜多流悪魔拂」「の謡ひ方 能の見方」「能と謡の根源」「禪竹集」「謡稽古の常道」「能の説明」「能楽盛衰記」などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

池内 信嘉
イケノウチ ノブヨシ

職業
能楽功労者 能楽研究家

別名
幼名=嘉源次,号=如水,如翠

生年月日
安政5年 2月7日

出生地
伊予国 松山(愛媛県 松山市)

学歴
愛媛師範〔明治10年〕卒

経歴
愛媛県の小学校教師を務めた後、明治12年上京、英語、漢学を学んだ。13年群馬県の養蚕、製糸業を視察して大いに感じ、松山に帰って養蚕業の普及発達に10余年間努力した。のち県会議員に選ばれた。また幼くして父・池内信夫から能楽の指導を受ける。当時の能楽の衰微を憂い35年再び上京、能楽館を設立し、雑誌「能楽」を発行、さらに能楽研究会を組織、能楽囃子方の養成に尽力。42年能楽会理事、次いで専務理事、大正元年東京音楽学校嘱託(のち教授)となった。編著に「喜多流悪魔払」「謡の謡ひ方 能の見方」「能と謡の根源」「禅竹集」「謡稽古の常道」「能の説明」「能楽盛衰記」などがある。

没年月日
昭和9年 5月17日 (1934年)

家族
弟=高浜 虚子(俳人)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

池内 信嘉 (いけのうち のぶよし)
生年月日:1858年2月7日
大正時代の能楽研究家
1934年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池内 信嘉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

池内 信嘉の関連情報

他サービスで検索

「池内 信嘉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.