Rakuten infoseek

辞書

江戸間【エドマ】

デジタル大辞泉

えど‐ま【江戸間】
田舎間(いなかま)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えどま【江戸間】
江戸および関東周辺で用いられた家の基準尺。柱心距離の一間を六尺とするもの。田舎間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

えどま【江戸間】
日本建築の基準寸法の一つ。柱の中心と中心のの長さを6尺(約182cm)、の大きさを、5尺8寸(約176cm)×2尺9寸(約88cm)とし、これを基準に設計・施工する。関東地方以北に多く使われ、現在はこの寸法による住宅が多い。◇「田舎間」「関東間」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えど‐ま【江戸間】
〘名〙 主に江戸で行なわれた柱間の寸法。曲尺(かねじゃく)五尺八寸(約一・七六メートル)を一間とする。田舎間。
※細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉上「江戸間であるから八畳が京間の六畳」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江戸間の関連情報

他サービスで検索

「江戸間」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.