Rakuten infoseek

辞書

江上不二夫【えがみふじお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

江上不二夫
えがみふじお
[生]1910.11.21. 東京
[没]1982.7.17. 東京
分子生化学者。兄は東洋史学者の江上波夫。 1933年東京帝国大学化学科卒業後,大学院を経て 1934年フランスに留学。 1937年に帰国し,東京大学助手から 1943年名古屋大学理学部教授,1958年東京大学理学部生物化学科教授。 1968年埼玉大学教授,1971年三菱化成生命科学研究所長。タカジアスターゼから核酸分解酵素の1種であるリボヌクレアーゼ T1を分離精製に成功し (1957) 国際的に知名度を高めたほか,無機塩呼吸系の提唱生命起源探求などで生命進化の分野足跡を残した。早くから分子生物学の重要性に着目,柴谷敦弘,渡辺格らと「核酸研究会」を組織,日本への分子生物学の定着・促進に努めた。 A.I.オパーリンの跡を襲って国際生命の起源学会の会長も務めた。 1966年朝日賞,1971年日本学士院賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えがみ‐ふじお〔‐フジを〕【江上不二夫】
[1906~1982]生化学者。東京の生まれ。東大教授。核酸構造・機能を研究し、日本における分子生物学を育てた。有機化学の分野でも業績があり、国際生命の起源学会会長などを務めた。「生化学」「生命を探る」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

江上不二夫 えがみ-ふじお
1910-1982 昭和時代の生化学者。
明治43年11月21日生まれ。江上波夫の。名古屋帝大教授をへて,昭和33年東大教授。のち日本学術会議会長,三菱化成生命科学研究所長などをつとめた。リボ核酸(RNA)分解酵素の発見,生命の起源の研究で知られる。46年学士院賞。昭和57年7月17日死去。71歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「生体の化学」「生命を探る」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

えがみふじお【江上不二夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

江上不二夫
えがみふじお
(1910―1982)
生物化学者。明治43年11月21日東京に生まれる。1933年(昭和8)に東京帝国大学理学部化学科を卒業。フランス政府の招聘(しょうへい)留学生としてストラスブール大学、パリ生物物理化学研究所に学ぶ。1943年名古屋帝国大学教授、1958年(昭和33)東京大学教授、1971~1981年三菱(みつびし)化成(現、三菱ケミカル)生命科学研究所長。その間、日本学術会議会長、日本生化学会会長、日本化学会会長、国際生命の起源学会会長を務め、アメリカ生化学会名誉会員、名古屋大学名誉教授。おもな業績はリボヌクレアーゼT1、T2の発見およびその構造と機能の研究、また生命の起源研究などである。生物化学の研究およびその教育の発展に尽くし、日本の宇宙生物化学を創始した。日本学士院賞、レジオン・ドヌール勲章などを受ける。兄は東洋史学・考古学者の江上波夫(なみお)。一般向けの著書に『生命を探る』(岩波新書)がある。[岩田敦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江上不二夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

江上不二夫の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.