Rakuten infoseek

辞書

汚名【オメイ】

デジタル大辞泉

お‐めい〔ヲ‐〕【汚名】
悪い評判。不名誉な評判。「汚名を着せられる」「汚名をそそぐ」「汚名返上」
[補説]「汚名挽回(ばんかい)」「汚名を挽回する」は正しくないとされる。「汚名返上」「汚名を返上する」「名誉挽回」「名誉を挽回する」が正しい使い方。
「汚名挽回」を誤用とする説、正しいとする説とがあるが、これは「挽回」の解釈の相違による。誤用説は「失ったものを取り戻す」意とし、正しいとする説は「もとのよい状態を取り戻す」意とする。→挽回
文化庁が発表した平成16年度「国語に関する世論調査」では、「前回失敗したので今度は―しようと誓った」という場合に、本来の言い方とされる「返上」を使う人が38.3パーセント、本来の言い方ではない「汚名挽回」を使う人が44.1パーセントという逆転した結果が出ている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

汚名
1946年製作のアメリカ映画。原題《Notorious》。イングリッド・バーグマン、ケーリー・グラント主演のスパイ映画。監督:アルフレッド・ヒッチコック、共演:クロード・レインズほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おめい【汚名】
不名誉な評判。悪名。 「 -を着せられる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐めい ヲ‥【汚名】
〘名〙 不名誉な評判。悪名
※談義本・根無草(1763‐69)前「弘法大師渡天の砌(みぎり)。〈略〉弘法は若衆の祖師と汚名(ヲメイ)を残し」 〔管子‐中匡〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汚名の関連情報

他サービスで検索

「汚名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.