Rakuten infoseek

辞書

汗疱【かんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

汗疱
かんぽう
発汗異常症」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐ぽう〔‐パウ〕【汗×疱】
手のひら、足の裏などにできる小さな水疱多汗症に伴うことが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぽう【汗疱 pompholyx】
手のひら,足の裏,手足の指に,アワ粒ぐらいの大きさの小さい水疱が発生し,数日から1週間程度で,そのまま吸収されるか,あるいは皮がむけて治る皮膚病。軽いものでは,小水疱が明らかでなく,皮がむけるだけの状態である。異汗症dyshidrotic eczemaという別名がある。ふつうかゆみなどの自覚症状はない。真の原因はまだ不明である。比較的,汗の多い人にできやすいので,発汗と関係があるとも考えられているが,汗の少ない人にもみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんぽう【汗疱】
指・てのひら・足の裏などにできる小さい水疱。多汗症に伴うことが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

汗疱
かんぽう
手のひら、足の裏、指の腹などにアワ粒大の小水疱が多発し、多くは強いかゆみがある。この水疱は数日で乾いてそのまま吸収されたり、あるいは米糠(こめぬか)様に、ときにはかなり広い範囲に皮膚がはがれて治る。春から夏に好発し、掌蹠(しょうせき)(手のひらと足の裏)に多汗症のある人におこりやすいが、ときには冬にもみられ、また、軽症では明らかな水疱はわずかで皮膚のはがれる落屑(らくせつ)だけがみられることもある。原因は多汗症に伴う発汗のうっ滞と考えられているが、外来刺激による湿疹の一種とする人もある。治療としては、せっけんの使用や外来刺激を避け、湿疹に準じた外用療法を行う。なお、白癬(はくせん)のうちで手足に生ずるものは、その症状が汗疱に似ているところから汗疱状白癬とよばれるが、本症とは別の病気である。[野波英一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐ぽう ‥パウ【汗疱】
〘名〙 局所の過剰発汗が原因で、手のひら、足のうら、指の間などにできる小水疱。みずむし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

汗疱
かんぽう
Dyshidrosis
(皮膚の病気)

どんな病気か

 手のひらや手指、足の裏に小さな水疱(すいほう)が多数現れる再発性疾患です。

原因は何か

 原因は明らかではありませんが、夏期に汗の多い人にみられることが多いことから、汗が間接的に影響を及ぼしていると考えられています。また、食べ物や歯科金属中の金属に対するアレルギーが原因になっている場合もあります。

症状の現れ方

 手のひら、手指、足の裏などに、両側で内容が透明な小さな水疱が急に多数現れ、とくに指の側面によくみられます。小さな水疱はくっつき合って大豆大にまでなることもあり、通常かゆみはなく、時に周囲に紅斑を伴い強いかゆみや軽い痛みがあります。小さな水疱は次第に吸収され、通常2~3週間で丸い鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれ落ちる角質)になってはがれて治っていきます。

検査と診断

 白癬菌症(はくせんきんしょう)水虫)の可能性について、皮膚科で検査をします。足に白癬があってじくじくしている時には、白癬疹といって菌は感染していないのに手のひらや指にも小さな水疱が多発することがあるので、このような場合も皮膚科を受診します。金属アレルギーの関与が疑われる場合はパッチテストを受けます。

治療の方法

 小さな水疱が現れてかゆみがある時には、ステロイド外用薬が有効です。水疱が乾いて皮膚が丸い鱗屑になってはがれる時期には、尿素(にょうそ)含有軟膏を手洗い後に塗ります。

病気に気づいたらどうする

 初夏のころ手のひらや指に小さな水疱が多発して、かゆみがなく、数週間で軽くなってしまう場合は、なるべく水仕事をひかえ、めくれてきた皮膚をむしらないようにして様子をみてもいいでしょう。かゆみが強い場合や、年間を通じて症状がみられる場合には、皮膚科で詳しく診察や検査を受けてください。

加藤 則人

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汗疱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

汗疱の関連情報

他サービスで検索

「汗疱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.