Rakuten infoseek

辞書

永長【エイチョウ】

デジタル大辞泉

えいちょう〔エイチヤウ〕【永長】
平安後期、堀河天皇の時の年号。1096年12月17日~1097年11月21日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいちょう【永長】
年号(1096.12.17~1097.11.21)。嘉保の後、承徳の前。堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいちょう【永長】
日本の元号(年号)。平安時代の1096年から1097年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は嘉保(かほう)。次元号は承徳(じょうとく)。1096年(嘉保3年)12月17日改元。天変と地震の凶兆・凶事を断ち切るために行われた。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいちょう エイチャウ【永長】
平安時代、堀河天皇の代の年号。嘉保三年(一〇九六)一二月一七日天変、疾疫により改元。白河上皇の院政、関白藤原師通の時代。永長二年(一〇九七)一一月、承徳と改元された。出典は「後漢書‐光武帝紀・下」の「夾輔王室、尊事天子、享国永長、為後世法」などによる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永長の関連情報

関連キーワード

ウカイル朝日本年号一覧お茶の輸出郁芳門院石山寺嘉保笹子峠平忠盛藤原伊房

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.