Rakuten infoseek

辞書

永祚【エイソ】

デジタル大辞泉

えいそ【永祚】
平安中期、一条天皇の時の年号。989年8月8日~990年11月7日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいそ【永祚】
年号(989.8.8~990.11.7)。永延の後、正暦の前。一条天皇の代。
「永祚の風」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいそ【永祚】
日本の元号(年号)。平安時代の989年から990年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は永延(えいえん)。次元号は正暦(しょうりゃく)。989年(永延3)8月8日改元。天変(彗星)による凶兆、地震など凶事を振り払うために行われた。986年(寛和(かんな)2)に、花山天皇の突然の出家により幼少の一条天皇が即位した際、藤原兼家(かねいえ)が摂政に就任。兼家は娘の定子(ていし)を一条天皇の皇后として天皇家の外戚となり、後に関白の位についた。兼家の死後は長男の道隆(みちたか)が摂政関白職を引き継ぎ、藤原氏が権勢をふるった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐そ【永祚】
[1] 〘名〙 長く久しく天からたまわった幸い。転じて、長年、永寿。〔晉書‐楽志〕
[2]
[一] 平安時代、一条天皇の代の年号。永延三年(九八九)八月八日、彗星、地震などの天変地異により、改元。摂政、藤原兼家・道隆の時代。永祚二年一一月、正暦(しょうりゃく)と改元された。出典は「晉書‐楽志」の「保茲永祚、与天比崇」などによる。
※虎明本狂言・釣狐(室町末‐近世初)「俄に雨ふりらいでんして、ゑいそのことくなる風吹」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永祚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永祚の関連情報

関連キーワード

日本年号一覧喩皓中央防波堤埋立処分場算額と山形永延永祚の風陳希夷十種ヶ峰范仲淹

他サービスで検索

「永祚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.