Rakuten infoseek

辞書

永祚の風【エイソノカゼ】

デジタル大辞泉

えいそ‐の‐かぜ【永×祚の風】
永祚元年(989)8月13日の夜、京坂に吹いた大風。大風のたとえとして語り継がれた。
「―更に及ばぬ天災なり」〈愚管抄・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいそのかぜ【永祚の風】
永祚元年(九八九)8月に近畿地方を襲った台風。のちに、天災の比喩として使われるようになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいそ【永祚】 の 風(かぜ)
永祚元年(九八九)に吹いた大風。「扶桑略記‐永祚元年八月一三日」に大風の例として挙げられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永祚の風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永祚の風の関連情報

関連キーワード

日本年号一覧喩皓永祚中央防波堤埋立処分場算額と山形永延永祚陳希夷范仲淹藤原明衡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.