Rakuten infoseek

辞書

永治【エイジ】

デジタル大辞泉

えいじ〔エイヂ〕【永治】
平安後期、崇徳(すとく)天皇近衛天皇の時の年号。1141年7月10日~1142年4月28日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいじ【永治】
年号(1141.7.10~1142.4.28)。保延の後、康治の前。崇徳すとく・近衛天皇の代。えいち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいじ【永治】
日本の元号(年号)。平安時代の1141年から1142年まで、崇徳(すとく)天皇、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は保延(ほうえん)。次元号は康治(こうじ)。1141年(保延7)7月10日改元。辛酉革命(しんゆうかくめい)を理由に行われた改元で、辛酉は天命が改まる年(王朝がが交代する革命の年)とされる。『魏文典論(ぎぶんてんろん)』および『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。崇徳天皇は1123年(保安(ほうあん)4)に父鳥羽(とば)天皇の譲位により即位したが、鳥羽は上皇として院政を行った。その後、両者は不和となり、崇徳は1141年(永治1)には鳥羽から体仁(なりひと)親王(近衛天皇)への譲位を迫られ、上皇となった。崇徳は後に、病死した近衛に代わった後白河(ごしらかわ)天皇とも対立し、これが保元(ほうげん)の乱の原因となる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいじ エイヂ【永治】
平安末期、崇徳・近衛天皇の代の年号。辛酉(しんゆう)革命により保延七年(一一四一)七月一〇日改元。翌年四月二八日、次の康治に代わる。鳥羽上皇の院政が行なわれた時代。出典は「晉書‐武帝紀」の「見土地之広、謂万葉而無一レ虞、覩天下之安、謂千年而永治」、「魏文典論」の「礼楽興於上、頌声作於下、〈略〉世永治長徳、与年豊」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永治の関連情報

他サービスで検索

「永治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.