Rakuten infoseek

辞書

永楽大典【えいらくたいてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永楽大典
えいらくたいてん
Yong-le da-dian
中国,類書解縉 (かいしん) ほかの編。本文2万 2877巻,目録 60巻。永楽5 (1407) 年成立。同1年勅命によって編集を始め同2年完成して『文献大成』と名づけたが,さらに大がかりに編集し直して名も改めた。従事した者 2000人以上に及び,韻の分類による中国最大の類書。経書,史書,詩文集,仏教,道教,医学,天文卜筮 (ぼくぜい) などあらゆる書からその記事を抜き出し内容別に分類して,それを『洪武正韻』の文字の順序に従って配列した。あまりに大部なので印刷刊行することができず,成立当初に写本を1部,嘉靖 41 (1562) 年にもう1部副本を作っただけで,それが不完全ながら清朝に伝わり,『四庫全書』の編集の際に利用された。しかし,それも光緒 26 (1900) 年の義和団事変大部分焼失あるいは散逸した。そのときに流出したものが,世界各地に蔵されているが,すべてを合せても 797巻しか現存しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいらく‐たいてん【永楽大典】
中国、明(みん)代の類書。2万2877巻、目録60巻。永楽5年(1407)成立。成祖永楽帝)の命により、解縉(かいしん)らが編集。古今のあらゆる種類の書物を集め、その中から天文・地誌・陰陽・医卜・僧道・技芸にわたる事項を取り出して、韻別に分類配列したもの。一部を残して焼失。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいらくたいてん【永楽大典 Yŏng lè dà diǎn】
中国,明代に編纂された巨大な類書(一種の百科全書)。総合文献集としての性格も濃い。明の成祖(永楽)は即位まもなく,1403年(永楽1),解縉(かいしん)(1369‐1415),楊士奇ら文人たちを翰林に入れ,太古以来の全書籍から必要事項を網羅した大類書の作成を命じた。翌年完成した書物は《文献大成》と名づけられたが,帝のにみたず,姚広孝をはじめさらに多くの学者と2000人以上の筆写人が動員され,1405年から08年冬まで増訂が行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいらくたいてん【永楽大典】
中国最大の類書。二万二九三七巻。目録六〇巻。明の永楽帝が解縉かいしんらに命じて編集させ、1407年完成。百般の書物の記事を「洪武正韻」の文字の順序に配列したもの。大部分焼失し、現存は約八百巻。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

永楽大典
えいらくたいてん
中国で編纂(へんさん)された最大の類書。明(みん)の永楽帝は即位の翌年の1403年7月、翰林(かんりん)侍読学士解縉(かいしん)、姚広考(ようこうこう)らに命じて、経、史、子、集百家の書から天文、地志、陰陽、医卜(いぼく)、僧道、技芸にわたる一大類書を編集させ、翌年完成した。この書名を『文献大成』とよんだが、さらに諸書の博捜(はくそう)を続けさせ、その結果1409年の冬にできあがったのが『永楽大典』である。本文2万2877巻、凡例(はんれい)目録60巻、1万1095冊、2169人が従事したという。あらゆる書物の記事を『洪武正韻(いん)』の文字の順序で配列した。短期間の編集のため粗雑な点もあるが、原本がすでになくなっているものを多く収める。とくに『元一統志』をはじめ、宋(そう)、元、明の地志類の収集は貴重。あまりにも大部なため、正本は1本しか蔵しなかったが、1562年徐階らが勅命で副本をつくり、明末の動乱で正本が焼かれたのちも、副本が清(しん)朝に引き継がれた。しかし、アロー戦争や義和団事件などで焼失し、現在は約60冊しか残っていない。[川勝 守]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいらくたいてん【永楽大典】
中国、明代の類書。二二九三七巻、目録六〇巻。永楽五年(一四〇七)成立。成祖の勅命によって解縉(かいしん)らが二千余人を動員して編集した。文字を「洪武正韻」の順に配列し、その文字に関係のある記事を、あらゆる種類の書から抜粋し引用したもの。原本の他は正副二部の写本をつくっただけ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

永楽大典
えいらくたいてん
明の永楽帝の勅命によって編纂 (へんさん) された百科全書
解縉 (かいしん) ・姚広孝 (ようこうこう) らが編纂。音韻別に分類され,2万2877巻,1万1095冊からなる。1408(永楽6)年に完成。乾隆 (けんりゆう) 帝の『四庫全書』に大いに参考とされたが,アロー戦争義和団事件で焼失・散逸し,現存するものは60冊である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永楽大典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永楽大典の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.