Rakuten infoseek

辞書

永代【エイタイ】

デジタル大辞泉

えい‐たい【永代】
ながい年月。永世

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいたい【永代】
えいだいとも
長い年月。永久。とこしえ。
「永代供養くよう」「永代経」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐たい【永代】
〘名〙 ながい年月。とこしえ。永世。ようだい。
※法隆寺文書‐九・永承五年(1050)一二月九日・大和国法隆寺千夏譲状「其御布施料、限永代、本公験并譲状等相副加、永度進已了」
※浮世草子・傾城禁短気(1711)六「四匁する物を、四匁するといふては、永代(ヱイタイ)人の気にはいられず」 〔旧唐書‐鄭覃伝〕
[語誌]鎌倉~南北朝時代の文書では、「えいたい」「ゑいたい」と仮名書きされた多数の遺存例のほかに、「早稲田大学所蔵文書‐貞応三年九月六日・ふつめうゆつり状案」に「やうたいおかきて、ししそんにいたるまで、りゃうちすべし」とあるように呉音でよむ形も並び行なわれたようである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えい‐だい【永代】
〘名〙 江戸初期、当時の通用銭を、標準貨幣である永楽銭に換算すること。
※随筆・閑田次筆(1806)三「おもてへかかりたる算用に、永代という銭積りあり〈略〉。永楽銭にては、何銭が今の通用銭何ほどに充(あたる)といふこと成べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう‐だい ヤウ‥【永代】
〘名〙 (「よう」は「永」の呉音) =えいたい(永代)
※相良家文書‐文保二年(1318)四月二六日・尼妙阿譲状案「やうたいをかきて、ゆつりあたうるところ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.