Rakuten infoseek

辞書

永享【エイキョウ】

デジタル大辞泉

えいきょう〔エイキヤウ〕【永享】
室町中期、後花園天皇の時の年号。1429年9月5日~1441年2月17日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいきょう【永享】
年号(1429.9.5~1441.2.17)。正長の後、嘉吉の前。後花園天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいきょう【永享】
日本の元号(年号)。室町時代の1429年から1441年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は正長(しょうちょう)。次元号は嘉吉(かきつ)。1429年(正長2)9月5日改元。後花園天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。永享年間の室町幕府の将軍は足利義教(よしのり)(6代)。1438年(永享10)、鎌倉公方(くぼう)の足利持氏(もちうじ)が関東管領の上杉憲実(のりざね)を攻撃したことをきっかけに関東で大規模な戦乱(永享の乱)が起こり、持氏は敗れて自殺、鎌倉府は滅亡した。この乱の後、将軍義教は、鎌倉公方不在となった関東に実子を下向させようとした。これに対し、下総の結城氏朝(ゆうきうじとも)・持朝(もちとも)父子らが持氏の遺児を擁して幕府に反抗、1440年(永享12)に結城合戦が起こった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐きょう ‥キャウ【永享】
[1] ながく受け継ぐこと。
※東京横浜間の鉄道開業式に際して下し給へる勅語‐明治五年(1872)九月一二日「此鴻利(こうり)を万民永享の後に恵んとす」 〔曹丕‐追封鄧公策〕
[2] 室町時代、後花園天皇の代の年号。即位により正長二年(一四二九)九月五日改元し、永享一三年(一四四一)二月一七日に至り次の嘉吉(かきつ)に代わる。将軍は六代足利義教(よしのり)。出典は「漢書‐王莽伝」の「能立巍巍之功于子孫、永享無窮之祚」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永享」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永享の関連情報

関連キーワード

足利義教足利義教他魯毎正長ジャンヌ・ダルク日本年号一覧シリア化学兵器問題琉球王国シリアの化学兵器使用問題

他サービスで検索

「永享」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.