Rakuten infoseek

辞書

永井龍男【ながいたつお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永井龍男
ながいたつお
[生]1904.5.20. 東京
[没]1990.10.12. 神奈川
小説家。高等小学校卒業後,病弱のため職につかず文学に親しみ,1923年『黒い御飯』で菊池寛に認められた。 24年小林秀雄親交を結んで同人雑誌青銅時代』『山繭』などを創刊。 27年から 46年まで文藝春秋社に勤務,かたわら『由比真帆子』 (1930) ,『巣の中』 (34) ,『わるい硝子』 (35) などを発表。第2次世界大戦後は文筆生活に専念し,『朝霧』 (49) ,『青電車』 (50) を経て『風ふたたび』 (51) で新聞小説にも成功を収めた。ほかに短編集『一個その他』 (65) ,『青梅雨その他』 (66) 。 66年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。 73年文化功労者。 81年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

永井龍男
ながいたつお
(1904―1990)
小説家。明治37年5月20日、東京・神田の生まれ。高等小学校卒業。1920年(大正9)短編『活版屋の話』が菊池寛の目にとまり、懸賞に入選。ついで『黒い御飯』(1923)が菊池の編集する『文芸春秋』に掲載された。小林秀雄らと同人誌『青銅時代』『山繭(やままゆ)』に参加。27年(昭和2)文芸春秋社に入社、46年(昭和21)まで勤め、『オール読物』『文芸春秋』の編集長になった。この間、短編集『絵本』(1934)がある。第二次世界大戦後、『胡桃(くるみ)割り』(1948)、『朝霧』(1949)などの好短編、最初の新聞小説『風ふたたび』(1951)により文壇の人となり、人情の機微に触れた作風が評価される。短編の名手ぶりは『一個その他』(1965)、『青梅雨その他』(1966)などの作品集にうかがわれ、長編の代表作に『皿皿皿と皿』(1962~63)、『石版東京図絵』(1967)、『コチャバンバ行き』(1972)。その随筆にも定評があり、『永井龍男句集』(1976)もある。68年(昭和43)芸術院会員、81年文化勲章受章。平成2年10月12日没。[保昌正夫]
『『永井龍男全集』全12巻(1981~82・講談社) ▽永井龍男・庄野潤三対談『古いアルバム』(『現代日本のエッセイ・散歩者』所収・1973・毎日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ながい‐たつお【永井龍男】
小説家。東京出身。菊池寛に認められ、編集業務のかたわら短編小説を発表。第二次世界大戦後は文筆に専念し、長編「風ふたたび」「石版東京図絵」、短篇「朝霞」「青梅雨」などのほか、多くの作品を残す。昭和五六年(一九八一)文化勲章受章。明治三七~平成二年(一九〇四‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永井龍男」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永井龍男の関連情報

関連キーワード

誘導尋問日露戦争史(年表)公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕

他サービスで検索

「永井龍男」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.