Rakuten infoseek

辞書

永井荷風【ながい かふう】

美術人名辞典

永井荷風
小説家。本名壮吉、号は断腸亭主人。東京生。愛知県士族永井久一郎の長男。広津柳浪に師事する。米仏に留学後、『あめりか物語』等の作品を発表し〈耽美派〉の代表作家となる。慶大教授に就任後も『三田文学』を編集し、随筆や小説等を発表。慶大教授辞任後も『三田文学』から退いたものの数々の作品を発表し、晩年には文化勲章を受章した。著書に『問はず語り』等がある。昭和34年(1959)歿、79才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

永井荷風
明治12(1879)年12月、東京生まれ。昭和34(1959)年4月30日朝に、市川市八幡の自宅で、背広、ズボン姿で血を吐いて死んでいるのを家政婦に発見された。79歳だった。朝日新聞連載の「ぼく東綺譚(ぼくとうきだん)」など数々の作品を残し、昭和27(1952)年に文化勲章を受章した。
(2012-04-30 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ながい‐かふう〔ながゐ‐〕【永井荷風】
[1879~1959]小説家。東京の生まれ。本名、壮吉。広津柳浪に師事、ゾラの影響を受けて「地獄の花」を発表。アメリカ・フランス遊学後、「あめりか物語」「ふらんす物語」や「すみだ川」などを執筆、耽美派の中心的存在となる。のち、「腕くらべ」などで花柳界の風俗を描いた。文化勲章受章。他に「濹東綺譚」「つゆのあとさき」、訳詩集「珊瑚集」、日記「断腸亭日乗」など。→荷風忌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

永井荷風 ながい-かふう
1879-1959 明治-昭和時代の小説家。
明治12年12月3日生まれ。永井久一郎の長男。広津柳浪(りゅうろう)の門にはいる。アメリカ,フランスに外遊,帰国後「あめりか物語」を発表する。明治43年慶大教授となり「三田文学」を創刊。大正5-6年の「腕くらべ」,昭和12年の「濹東綺譚(ぼくとうきだん)」などおおくの作品をのこす。市井に隠遁し,反時代的姿勢をつらぬいた。27年文化勲章。29年芸術院会員。昭和34年4月30日死去。79歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)中退。本名は壮吉。別号に断腸亭主人,金阜山人,石南居士。作品はほかに日記「断腸亭日乗」,小説「つゆのあとさき」など。
【格言など】愛する事は憎む事を知る初めである(「歓楽」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

永井荷風
1879〜1959(明治12年〜昭和34年)【小説家】世の中気に入らないことだらけ。 東京を嫌悪し、江戸と色街を愛した文豪。明治〜昭和期の小説家・随筆家。東京都小石川に官吏の子として生まれる。1902年(明治35)ゾラの影響下に「地獄の花」を刊行。その後外遊し、「あめりか物語」「ふらんす物語」「冷笑」などで耽美派の旗手となった。慶応義塾教授を勤めるかたわら1910年に「三田文学」を主宰。近代日本に反発、鋭い批判精神をもって偏奇館と名付けた自宅で孤独に著作を続けた。他代表作に「腕くらべ」「墨東綺譚(ぼくとうきたん)」「踊子」「断腸亭日乗」。1952年(昭和27)文化勲章受章。芸術院会員

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながいかふう【永井荷風】
1879‐1959(明治12‐昭和34)
明治・大正・昭和にわたる小説家,随筆家。東京生れ。本名壮吉,別号断腸亭主人,金阜山人など。父久一郎は官吏,のち日本郵船の上海,横浜支店長を歴任,漢詩人として令名があった。荷風は高等師範学校付属中学校(1897年卒)をへて東京外国語学校清語科を中退(1899)。良家の風に反抗,1898年広津柳浪門に入り小説家を志す一方,落語家や歌舞伎作者の修業もした。初期の作品に〈明治30年代〉のゾライズムの洗礼を受けた《地獄の花》(1902)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながいかふう【永井荷風】
1879~1959) 小説家。東京、小石川生まれ。本名、壮吉。別号、断腸亭主人。「地獄の花」などでゾライズムを標榜。フランスから帰国後皮相な近代化に反発、江戸趣味へ傾斜しつつ、終生反俗的な文明批評家としての姿勢を貫いた。著「あめりか物語」「ふらんす物語」「冷笑」「腕くらべ」「おかめ笹」「濹東綺譚」、日記「断腸亭日乗」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永井荷風
ながいかふう
[生]1879.12.3. 東京
[没]1959.4.30. 市川
小説家。本名,壮吉。別号,断腸亭主人ほか。 1899年東京高商付属学校清語科中退。広津柳浪の門に入り『地獄の花』 (1902) などでゾライズムの紹介を試みた。 1903年にアメリカ,次いでフランスに渡り 08年に帰国。『あめりか物語』 (08) で文名をあげ,09年『ふらんす物語』『深川の唄』『すみだ川』『冷笑』などを発表,独自の文明批評と耽美享楽の作風で反自然主義の代表作家として重きをなした。東京の形骸化した文明への嫌悪,大逆事件 (10~11) の衝撃などで江戸趣味を強め,花柳界を描いた『腕くらべ』 (16~17) ,『おかめ笹』 (18) などを発表。『つゆのあとさき』 (31) ,『濹東綺譚 (ぼくとうきたん) 』など風俗描写にも才筆を示した。第2次世界大戦中は沈黙したが,戦後,その間ひそかに書きためた『浮沈』『踊子』『勲章』『来訪者』や 17年以来の日記『断腸亭日乗』を発表。 52年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

永井荷風
ながいかふう
(1879―1959)
小説家、随筆家、劇作家。明治12年12月3日東京・小石川に生まれる。本名壮吉(そうきち)。別号に断腸亭(だんちょうてい)主人、金阜(きんぷ)山人など。父久一郎は尾張(おわり)藩の出身でアメリカ留学後官吏となり、のち日本郵船上海(シャンハイ)、横浜支店長を歴任した。鷲津毅堂(わしづきどう)(宣光)の門下で漢詩人として令名がある。母恒(つね)は毅堂の娘。[竹盛天雄]

青春の反逆

荷風は高等師範附属尋常中学科を経て外国語学校清(しん)語科に学び中退。1898年(明治31)広津柳浪(りゅうろう)の門に入り小説家を志したが、その一方で落語家や歌舞伎(かぶき)作者の修業をした。当初、柳浪風の写実的作品をもって出発し、やがておりから盛んになったゾライズムの影響をいわれる『地獄の花』(1902)などを書いた。1903年(明治36)アメリカに遊学、以後、フランス滞在を経て1908年帰国する。この外遊体験は、西欧市民社会の個人主義と伝統文化への認識を深めさせ、彼本来の批評的資質と感覚的柔軟さとに磨きをかける機会を与えた。[竹盛天雄]

新帰朝者の眼

帰国した荷風は、『あめりか物語』(1908)によって、自然主義主流の文学界に新風を吹き込む者として歓迎され、『ふらんす物語』(1909、発禁)、『すみだ川』『冷笑』などを次々に発表。新帰朝者の眼(め)に映じた明治文明への違和感と下町や花柳(かりゅう)界の情趣に親しむ耽美(たんび)的傾向とが色濃く現れていた。1910年、慶応義塾大学文科教授に迎えられ、『三田文学』を創刊、反自然主義陣営の中心的存在の一人となった。おりから、大逆事件が発覚し、それに伴う強権の抑圧政策は、彼のかねてからの明治社会への反感をいっそうあおり、享楽的戯作(げさく)者的な姿勢を意識的にとらせる結果となった。『新橋夜話』『散柳窓夕栄(ちるやなぎまどのゆうばえ)』などにその反映がある。またこの時期、訳詩集『珊瑚(さんご)集』があり、戯曲『秋の別れ』などの試みもあった。[竹盛天雄]

疎外と充実

明治から大正への時代の移行は、荷風個人にとっても一つの節目にあたっていた。父の死去をきっかけに妻を離別し、花柳界出身の藤蔭(ふじかげ)静枝を正妻に迎えたがふたたび離婚した。このような、いわゆる醇風(じゅんぷう)良俗に反したふるまいは、弟や親戚(しんせき)縁者との関係を悪化させ、長男で家督相続者でありながら、逆に「家」から排除され、疎外される因となった。1916年(大正5)健康を理由に慶大を辞し、『三田文学』編集も退いた。大久保余丁町の父の邸を売り、やがて麻布に木造洋館を買入れて偏奇(へんき)館と名づけ、独身にして自由な生活に入り始めた。が、作家としての力は充実し、『腕くらべ』(1917)、『おかめ笹(ざさ)』(1920)のような大正期荷風文学の代表作が生まれた。『断腸亭日乗(にちじょう)』の起筆(1917)もこの時期のことである。[竹盛天雄]

好奇心と傍観

大正から昭和への時代の転換のなかで創作力に劣えがみえるが、関東大震災以後の新風俗に彼の好奇心は向けられ、これがやがて私娼(ししょう)やカフェーの女給、あるいは女のヒモとして生きる男たちの姿などを非情に描き出した昭和期の作品を生んだ。『つゆのあとさき』(1931)、『ひかげの花』などがそれである。軍国主義が跳梁(ちょうりょう)する時代、荷風は夜ごと銀座、浅草界隈(かいわい)に出没、その陋巷(ろうこう)趣味、狭斜(きょうしゃ)趣味はいよいよ時代への一つの風刺的意味をもってきた。隅田(すみだ)川の向こう玉の井の私娼窟(くつ)を探訪し、そこに素材を得た『東綺譚(ぼくとうきだん)』(1937)は、荷風文学の到達点を指し示すものといってよい。またこの時期、歌劇『葛飾(かつしか)情話』があった。戦争下の荷風は、反国策的な作風のため作品発表の場を失うが、むしろ、それは彼の純粋な創作意欲を鼓舞した。敗戦後、一斉に発表される作品は、こうしてひそかに書き続けられた。[竹盛天雄]

「偏奇」の美学

1945年(昭和20)3月の東京大空襲によって偏奇館焼亡、兵庫県明石(あかし)を経て岡山に疎開、その地で敗戦を迎えた。戦中の非妥協の生き方は、戦後、ジャーナリズムによって持ち上げられるが、時勢を白眼に視(み)て傍観する姿勢は、戦後社会に対しても変わらなかった。1952年(昭和27)文化勲章受章、1954年芸術院会員に選ばれたが、千葉県市川の自宅で自炊生活を続け、買物籠(かご)を提げて浅草通いをする「偏奇」の美学は、死に至るまで貫き通された。昭和34年4月30日没。胃潰瘍(かいよう)の吐血による心臓麻痺(まひ)であった。[竹盛天雄]
『『荷風全集』全29巻(第二刷・1971~1974・岩波書店) ▽秋庭太郎著『永井荷風伝』(1976・春陽堂) ▽磯田光一著『永井荷風』(1979・講談社) ▽『吉田精一著作集5』(1979・桜楓社) ▽『昭和文学全集1』(1987・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永井荷風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永井荷風の関連情報

他サービスで検索

「永井荷風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.