Rakuten infoseek

辞書

永久【エイキュウ】

デジタル大辞泉

えい‐きゅう〔‐キウ〕【永久】
[名・形動]いつまでも限りなく続くこと。また、そのさま。「永久に平和を守る」「永久不変」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えいきゅう【永久】[年号]
平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1113年7月13日~1118年4月3日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいきゅう【永久】
名 ・形動 [文] ナリ 
いつまでも限りなく続くこと。時間の果てがないこと。また、そのさま。とこしえ。永遠。 -不変 -に変わらぬ愛

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えいきゅう【永久】
年号(1113.7.13~1118.4.3)。天永の後、元永の前。鳥羽天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とわ【永久】
名 ・形動 [文] ナリ 
いつまでも変わらない・こと(さま)。永久えいきゆう。永遠。 -の誓い -に幸あれ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

えいきゅう【永久】
日本の元号(年号)。平安時代の1113年から1118年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は天永(てんえい)。次元号は元永(げんえい)。1113年(天永4年)7月13日改元。天変、戦乱、伝染病などの凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。命名の出典は不詳。この頃、都では寺僧の強訴(ごうそ)が相次ぎ、また延暦(えんりゃく)寺、興福(こうふく)寺、園城(おんじょう)寺などの僧兵が互いに激しく争っていた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えい‐きゅう ‥キウ【永久】
[1] 〘名〙 (形動)
① (━する) 長い間。物事が長い間続くこと。また、そのさま。
※曾我物語(南北朝頃)三「位をゑいきうにたもち給ふと申しつたへて候」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「八の数を以て、(エイキウ)の嘉瑞とし、もののめでたき極位(ごくゐ)(と)する事は」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「此政治は天地と共に永久すべし」 〔詩経‐小雅・六月〕
② ある状態が時間的に無限に続くこと。また、そのさま。永遠。永劫。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「彼の名は今以て世間に聞えない。恐らく永久(エイキウ)に聞えないだらう」
[2] 平安時代、鳥羽天皇の代の年号。東大寺、興福寺の僧徒の騒動や火災、悪疫流行などの不吉な事件が続いたため天永四年(一一一三)七月一三日改元。永久六年(一一一八)四月三日に至り次の元永に代わる。白河上皇の院政時代にあたる。出典は「詩経‐小雅・南有嘉魚之什」の「吉甫燕喜、既多受祉、来帰自一レ鎬、我行永久」、「蔡邕議」の「其設不戦之計、守禦之固者、皆社稷之臣、永久之策也」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永久の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.