Rakuten infoseek

辞書

永久変形【えいきゅうへんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

永久変形
えいきゅうへんけい
permanent deformation
固体に力を加えて変形させるとき,その力が弾性限度 (→比例限度 ) をこえて大きいか,または高温で長時間にわたるときに,加えた力を除いても残る変形。前者の例として貨幣のような金属成形品,後者の例に茶しゃくなどの竹細工,プラスチック製品がある。加えた力を除いたときに固体の形がもとに戻る性質弾性というのに対し,もとに戻らないで永久変形してしまう性質を塑性という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいきゅうへんけい【永久変形】
固体物質を引っ張ったり押したりすると,力に応じて形を変える。しかし,応力がその物質の弾性限度以上に大きくなると,力を取り除いても変形が残ってしまう。これを永久変形といい,このときのひずみを永久ひずみと呼ぶ。塑性弾性ひずみ【二宮 敏行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

永久変形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

永久変形の関連情報

他サービスで検索

「永久変形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.