Rakuten infoseek

辞書

氷菓

朝日新聞掲載「キーワード」

氷菓
舞台は架空の神山(かみやま)高校主人公の折木奉太郎(おれきほうたろう)は、何事にも積極的には関わらない「省エネ」がモットーだが、なりゆきで古典部に入る。仲間の部員に引っ張られて、文化祭向けに文集を作ることに。「氷」という題名には、33年前に起きたある事件の真実が秘められていた――。2012年4月にテレビアニメ化され、岐阜放送などで放映された。制作は「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「けいおん!」を手がけた京都アニメーション。コミック版(漫画はタスクオーナさん、キャラクター原案は京都アニメーションの西屋太志さん)も発売されている。
(2013-01-01 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

氷菓
日本のテレビアニメ。原作米澤穂信による推理小説。放映はチバテレビほか(2012年4月~9月)。制作:京都アニメーション。声の出演:中村悠一、佐藤聡美ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷菓
米澤穂信による推理小説。2001年、第5回角川学園小説大賞のヤングミステリー&ホラー部門で奨励賞を受賞を受賞して同年刊行された、著者のデビュー作。高校の古典部の部員たちが、日常生活の中のさまざまなを解き明かしていく連作短編形式の青春ミステリー。2012年、京都アニメーション制作によりテレビアニメ化。2017年には安里麻里監督により実写映画化された。本作を第1作とする「古典部」シリーズは、2016年までに6冊が刊行されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうか【氷菓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうか【氷菓】
氷菓子こおりがしに同じ。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょう‐か ‥クヮ【氷菓】
〘名〙 アイスクリーム、シャーベットなど、氷菓子の類。《季・夏》
※長子(1936)〈中村草田男〉「六月の氷菓一盞の別れかな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひょう‐か〔‐クワ〕【氷菓】
氷菓子(こおりがし)」に同じ。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

氷菓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

氷菓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.