Rakuten infoseek

辞書

水雷【スイライ】

デジタル大辞泉

すい‐らい【水雷】
魚雷機雷総称爆雷を含めて水中破壊兵器全体をいう場合もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐がみなり〔みづ‐〕【水雷/水神鳴り】
落ちてもを出さない。また、を伴う雷。⇔火雷(ひがみなり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいらい【水雷】
魚雷,機雷および爆雷のような水中武器を総称する場合に使用する言葉。語源は,中国の明代に著された《武編》(1549)に記載されている〈水底雷〉(現在の機雷に相当する水中火薬武器の一種)の略称といわれる。このように,水雷という言葉は,もともと陸上で使用する地雷に対し,火薬を水中で爆発させ,艦船を破壊するように開発された水中武器につけられた言葉である。【大平 忠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいらい【水雷】
爆薬を詰めて水中で爆発させ、敵艦を破壊するための兵器。魚雷・機雷・爆雷などをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水雷
すいらい
水中で大量の爆薬を爆発させ敵艦船を破壊または沈没せしめることを目的とする水中破壊兵器の総称。水雷には、推進機関を備え自動操縦装置により水中を進み敵艦船に接触あるいは感応すると爆発する魚形水雷(魚雷)、水中に敷設し艦船が接触あるいは感応すると爆発する機械水雷(機雷)、水中に投下し一定深度に達すると爆発する潜水艦攻撃用の水中爆雷がある。[阿部安雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐らい【水雷】
〘名〙 多量の爆薬を強固な容器につめ、水中で爆発させて敵の艦船を破壊する兵器。攻撃用の魚雷(魚形水雷)と防備用の機雷(機械水雷)などがあり、爆雷(対潜用水中爆薬)を含めていう場合もある。水雷火。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※尋常小学読本(明治三七年)(1904)八「大砲、空にひびき、水雷(スイライ)、海にとどろく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水雷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水雷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.