Rakuten infoseek

辞書

水酸基【すいさんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水酸基
すいさんき
hydroxyl group
ヒドロキシル基ともいう。1価の基で,-OH で表わされる。無機化合物では水,金属水酸化物,ヒドロキシ塩などに含まれる。有機化合物ではアルコールフェノール官能基である。スルホン酸カルボン酸などの構造にも含まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいさん‐き【水酸基】
-OHで表される一価の基。金属の水酸化物酸素酸や、アルコール・フェノールなどの有機化合物中に含まれる。ヒドロキシ基ヒドロキシル基

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

水酸基

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいさんき【水酸基】
-OH で表される基。無機化合物中ではイオン結合性で、水溶液としたときは電離して水酸化物イオンとなりアルカリ性を呈する。有機化合物中では共有結合性の官能基となり、水溶液はアルカリ性を示さず、中性あるいは水酸基中の水素を電離して微酸性を呈する。有機化合物中のものはヒドロキシル基とよばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水酸基
すいさんき
hydroxyl group
1価の基-OHの古い呼び名。現在では、IUPAC命名法にしたがって「ヒドロキシ基」と名づけられている。例外的に、遊離基HOはヒドロキシルラジカルとよばれ、アンモニアNH3のHの一つをOH基で置換したNH2OHはヒドロキシルアミンという。OHが陰イオンとなっているときは水酸化物イオンである。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水酸基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水酸基の関連情報

他サービスで検索

「水酸基」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.