Rakuten infoseek

辞書

水質【スイシツ】

デジタル大辞泉

すい‐しつ【水質】
水の性質や化学的成分。また、不純物を含むの、化学的、生物学的特性。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいしつ【水質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいしつ【水質】
流水や地下水などに含まれている物質の性質や量的性質。 -検査

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水質
すいしつ
水が不純物を含むことによって生ずる質的・量的特性をいう。純粋の水はH2Oの化学式で表されるように、水素と酸素が結合したものであるが、自然界における水はさまざまな不純物を含んでおり、その組成は複雑である。たとえば、純粋な水は大気と接しただけで、0℃、1気圧の下で容積比で2%の窒素、1%の酸素(同位体酸素)、0.5%の炭酸ガス(二酸化炭素)を含んでいる。また、雨水の場合には、このほかにナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが含まれる。さらに岩石や土壌を通り抜けた地下水の場合は、これまで述べた物質のほかにケイ酸、重炭酸、鉄、マンガンなどが含まれる。河川や湖沼の水になると、溶解物質に加えて粘土粒子や細菌、微生物などが含まれる。
 なお、海水は1キログラム中に35グラム程度の塩分を含んでいるが、汚濁された場合には、多量の有機物やさまざまな重金属が認められるようになる。
 人間生活において、水はさまざまな形で利用されるわけであるが、その利用目的によって要求水質も異なってくる。この水質をあらかじめ知るためにとられるのが水質分析、水質試験であり、水質検査である。水質分析、水質試験とは、水に含まれている不純物を分析・測定して、その質や量を明らかにするものであり、水質検査とは、この結果を一定の基準に照らして、適・不適の判定を行うことである。[重田定義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐しつ【水質】
〘名〙 水に含まれる不純物の質的および量的な性質。その水がある用途に対して適しているかどうかを総括的に表現するときに用いる語。
※水道条例(明治二三年)(1890)三条「水源の位置〈〈略〉〉及其水量の概算但図面及水質の分析表を添べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.