Rakuten infoseek

辞書

水菜【ミズナ】

デジタル大辞泉

みず‐な〔みづ‐〕【水菜】
キョウナ別名 春》
イラクサ科の一・二年草。山中の湿地に生え、高さ30~60センチ。茎は紅色を帯び、葉はゆがんだ長楕円形で縁にぎざぎざがあり、先がとがる。茎は食用。うわばみそう。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

水菜
京都原産の漬け茎葉がよく分枝し、葉柄は細く淡緑色で、葉の先は濃い緑色で尖り、深い切れ込みが入る。江戸時代前期にはすでに栽培されていた。シャキシャキとした歯ごたえで、漬物、煮物料理などのほか、サラダなどの生食にも向く。「京菜」ともいう。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みずな【水菜】
アブラナ科の一、二年草の野菜。葉は根生し多数の細片に分裂する。冬から初春に収穫し、漬物・からし和えなどにする。キョウナ。 [季] 春。
ウワバミソウの別名。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

水菜 (ミズナ)
植物。アブラナ科の一~二年草,園芸植物。キョウナの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水菜 (ミズナ)
植物。イラクサ科の多年草,薬用植物。ウワバミソウの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐さい【水菜】
〘名〙 食用とする水草。芹(せり)などの類。〔詩経箋‐魯頌・泮水〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐な みづ‥【水菜】
〘名〙
① 植物「きょうな(京菜)」の異名。《・春》
※俳諧・毛吹草(1638)六「長菜つみ春うりうるは水菜哉〈貞義〉」
② 植物「みぶな(壬生菜)」の異名。〔物類称呼(1775)〕
③ 植物「うわばみそう(蟒草)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
④ 植物「すなびきそう(砂引草)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.