Rakuten infoseek

辞書

水草【みずくさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水草
みずくさ
water plant
水中に生える植物の総称。ただし藻類とは区別して,維管束植物のうち生となって淡水に生えているものをさすのが通例である。タヌキモマツモスイレン,セキショウモ,ウキクサなどは種子植物の例,サンショウモなどはシダ植物の例。これらの場合,モ () という名がついていても,緑藻類ではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐そう〔‐サウ〕【水草】
水中またはその水辺に生える。みずくさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐くさ【水草】
みずくさ」に同じ。
「古(いにしへ)の古き堤は年深み池のなぎさに―生ひにけり」〈・三七八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐くさ〔みづ‐〕【水草】
水中や水面に生える草。すいそう。みくさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいそう【水草 water plant】
水生植物のことで〈みずくさ〉ともいう。植物体全体が水中にあり,根が水底についているクロモ,エビモなどの沈水植物と,ジュンサイ,ヒルムシロなどの水面に浮かぶ葉をもつ浮葉植物floating‐leaved plant,ガマ,ハスなどの葉や茎が水面上にでる抽水植物emergent plant(挺水植物ともいう),根が水底につかず,植物体全体が水面や水面下で浮遊するウキクサ,タヌキモなどの浮水植物floating plantからなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みずくさ【水草】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいそう【水草】
(海草に対して)淡水中または湿地に生える草。みずくさ。
水と草。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みくさ【水草】
水中に生える草や、水辺に生える草の総称。みずくさ。 池のなぎさに-生ひにけり/万葉集 378
[句項目] 水草生う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みずくさ【水草】
水中に生える草や藻。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

水草 (ミズクサ)
植物。ガマ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物。ガマの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水草 (ミズグサ)
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物。ハスの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐そう ‥サウ【水草】
〘名〙
① 水と草。川と草花。
※艸山集(1674)二三・山居得腐字八首「病来事事総無為、水草清処伴牧豎」 〔墨子‐非楽上〕
② 淡水中またはその水辺に生える草。海草に対していう。みくさ。みずくさ。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「険悪道の、はるかにたえて毒獣おほく、またまた水草(スイサウ)(〈注〉ミツクサ)なく」 〔礼記‐祭統〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐くさ【水草】
〘名〙 水中や水辺に生える草。みずくさ。
▼みくさ生う《季・春》
※万葉(8C後)三・三七八「いにしへの古き堤は年深み池のなぎさに水草(みくさ)生ひにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みず‐くさ みづ‥【水草】
〘名〙
① 水と草。すいそう。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「水草きよき山のすゑにてつとめ侍らむとてなむまかりいりぬる」
② 水中または水辺に生える草。みくさ。すいそう。
▼みずくさの花《季・夏》
※落窪(10C後)一「かき絶えてやみやしなましつらさのみいとどます田の池のみづくさ」
③ 植物「がま(蒲)」の異名
④ 植物「はす(蓮)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.