Rakuten infoseek

辞書

水船【ミズブネ】

デジタル大辞泉

みず‐ぶね〔みづ‐〕【水船】
飲料水を運ぶ船。水取り船。水伝馬(みずてんま)。
(「水槽」とも書く)
㋐水をたくわえておく大きな桶。すいそう。
「―の前に腰を据えて、しきりに水をかぶっている坊主頭」〈芥川戯作三昧
㋑生魚を入れておく容器。活船(いけぶね)。
「―に浮きてひれ振るいけ鯉(ごひ)の命まつまもせはしなの世や」〈新撰六帖・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みずぶね【水船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みず‐ぶね みづ‥【水船】
〘名〙
① 打ち込む波や体の損傷による浸水で船内に水が充満し、沈没しそうな状態の船。
※南海紀聞(1793)「激浪欄版を砕き、水船となり」
② 飲料水を運送する船。水伝馬。水取船。
※石山本願寺日記‐私心記・永祿四年(1561)九月一九日「四郎次郎雇候て、水船作也」
③ 江戸時代、灘地方の酒造家が仕込用水として買う宮水(西宮の一地区から湧き出す水)を、運賃をとって運搬した水船業者仲間の船。
※魚崎酒造組合文書‐諸用留「私共年来水船渡世御蔭を以不絶積来り候処」
④ 水をたくわえておく大きな桶。水槽。また江戸時代では、銭湯の男湯と女湯の洗い場の境にあって、両方から汲める水槽をもいった。
※太平記(14C後)七「大なる木を以て水舟(みづフネ)を二三百打せて、水を湛置たり」
⑤ 生魚を入れておく水槽。生船(いけふね)
※新撰六帖(1244頃)三「水舟に浮きてひれ振るいけ鯉の命待つ間もせはしなの世や〈藤原光俊〉」
⑥ 死体を納めるはこ。棺(かん)
※大江俊矩記‐寛政一二年(1800)四月一二日(古事類苑・礼式一九)「奉御棺、是称御水舟歟、所謂御也」
浮世草子・本朝二十不孝(1686)二「卵塔の水艇(みづブネ)に腰をかけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水船の関連情報

他サービスで検索

「水船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.