Rakuten infoseek

辞書

水脈【すいみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水脈
すいみゃく
ground water vein
地下で幅の狭い地層に沿って状に存在する地下水。多くは水流としてゆるやかに動いている場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐みゃく【水脈】
地層中の、地下水の流れる道筋。
川や海で、船舶の航行に適した道筋。ふなみち。みお。
[補説]書名別項。→水脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すいみゃく【水脈】[書名]
高樹のぶ子の短編小説集。平成5年(1993)から平成6年(1994)にかけて「文学界」誌に連載された作品群に書き下ろしを加えたもの。平成7年(1995)刊行。同年、第34回女流文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいみゃく【水脈】
地層の中で、ある幅をもって地下水が流れている部分。
河川や海で、船が航行する水路。ふなじ。みお。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐みゃく【水脈】
〘名〙
① 地層の中で、ある幅をもって地下水の流れている部分。地下を流れる水の道。地下水の流れ。水理
※菅家文草(900頃)二・古石「雲膚何望雨、水脈欲泉」
※随筆・北越雪譜(1836‐42)初「按に地中に水脉(スヰみゃく)と火脉とあり」 〔華陽国志‐蜀志〕
② 河海の中で船舶の通航に適した水路。水上の通り道。航路。水路。ふなみち。みお
※済北集(1346頃か)六・棹「出入江湖早有名。能諳水脉波瀾」 〔魏書‐爾朱兆伝〕
③ 医学でリンパ管をいう。〔蘭学逕(1810)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水脈の関連情報

他サービスで検索

「水脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.