Rakuten infoseek

辞書

水素爆弾【すいそばくだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水素爆弾
すいそばくだん
hydrogen bomb
水爆と略称される。熱核反応によって放出されるエネルギーを使う爆弾リチウム重水素化合物をつくり,これで原子爆弾を包んでおく。原子爆弾によって生じる高温で熱反応を連鎖的に行わせ,巨大な爆発のエネルギーを得る。 1952年アメリカが初めて実験に成功した水爆は,重水素三重水素を液化した,いわゆる「湿式水爆」であった。その後小型化する目的で重水素化リチウムを素材とする「乾式水爆」の開発が進み,53年のソ連に続いて,アメリカ,イギリス,中国,フランスなどが実験に成功している。この水爆の周囲を天然ウラン (99.3%は非分裂性のウラン 238) で包み融合反応から生じる高エネルギー中性子によって分裂反応を生じさせるのが3F爆弾である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

水素爆弾
ウラン(U)またはプルトニウム(PU)を短時間で核分裂させ、その時の高温・高圧を利用して重水素(D)と三重水素(T)を核融合させることで、より大きな爆発力を生み出す核兵器。言い換えれば、原子爆弾で数十万〜数百万℃の状態を作り出す起爆装置をもつ核融合爆弾。米国は1952年11月にマーシャル諸島エニウェトク環礁において、重水素と三重水素を実験装置内で核融合させる水爆予備実験をした。53年8月、今度はソ連が重水素化リチウムを用い、世界初の実戦用水爆の爆発実験を成功させた。米国はこれに対抗し、54年3月にマーシャル諸島のビキニ環礁で、やはり重水素化リチウムを使った水爆の爆発実験をした。当時、焼津漁港所属のマグロ漁船・第五福竜丸がビキニ環礁東方海上に出漁していたため被曝(ひばく)した。焼津港に帰港して診察を受けたが、乗組員23人全員が急性放射線症と診断された。
(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

水素爆弾
重水素やトリチウム(三重水素)といった水素の同位体やリチウムを核融合させてできる膨大なエネルギーを利用する核兵器。ウランやプルトニウムの核分裂による原爆よりはるかに大きなエネルギーを得られる。ただ、核融合には高温高圧状態をつくる必要があるため、原爆を起爆装置にしている。原爆よりも高い技術が必要とされる。
(2016-01-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

すいそ‐ばくだん【水素爆弾】
原子爆弾一種水素同位体核融合によって放出されるエネルギーを利用する爆弾。起爆薬には小型の原子爆弾を使う。水爆。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいそばくだん【水素爆弾 hydrogen bomb】
ジューテリウム2H,トリチウム3Hの原子核融合反応を利用した核兵器。水爆とも略称。起爆には原子爆弾の高温を利用する。原子爆弾の場合でも実験のさい大気や地下水の放射能汚染等大きな環境破壊が起こるが,水爆になると,その実験でさえ文字どおり地球的規模の放射能汚染を引き起こす。1954年3月より5月にかけてアメリカが太平洋のビキニ環礁で水爆実験を行ったさい,日本のマグロ漁船第五福竜丸は実験の立入り危険区域の外で操業していたにもかかわらず,多量の放射能降灰を浴びた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいそばくだん【水素爆弾】
水素の同位体の核融合反応を利用した爆弾。起爆剤として原子爆弾を中心に置き、そのまわりを重水素と三重水素または重水素化リチウムで囲み、瞬間的に核融合反応を起こさせる。水爆。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水素爆弾
すいそばくだん
hydrogen bomb
重水素や三重水素など、水素の同位元素の原子核が、核融合反応をおこして発生するエネルギーを利用した核兵器の一種。熱核兵器ともよばれる。現在は原子爆弾が爆発したときに生ずる高温を利用して核融合をおこさせており、原子爆弾よりもずっと爆発威力が大きい。本格的水素爆弾は、アメリカは1954年、ソ連は1955年に完成させた。イギリス、フランス、中国、インドも水素爆弾をもっている。1961年ソ連が約60メガトンの爆発を行ったのが、世界最大である。小型水爆の開発も進められている。[服部 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいそ‐ばくだん【水素爆弾】
〘名〙 核兵器の一種。起爆剤として原子爆弾を用い、数千万度にもおよぶ超高温を得て水素の熱核融合を起こさせ、そのとき発生するエネルギーを用いた爆弾。水爆。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉乱世「不精という性癖は、抜くべからざるものであって、たとえ水素爆弾で脅迫しても、効果はないだろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

水素爆弾
すいそばくだん
hydrogen bomb
水素などの熱核融合反応を利用した核兵器。水爆とも略称される
起爆には原子爆弾の高温が利用され,原爆よりはるかに深刻な放射能汚染を起こした。1954年アメリカが行ったビキニ水爆実験は第五福竜丸の日本人漁船員を巻きこみ,反核平和運動が広がるきっかけとなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水素爆弾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水素爆弾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.