Rakuten infoseek

辞書

水素イオン【すいそイオン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水素イオン
すいそイオン
hydrogen ion
水素原子が1個の核外電子を失い,1価の陽イオンとなったもので,陽子 (プロトン) に等しい。酸のような電離性の水素を含む物質を水に溶かすと,水素イオンを生じる。また陽イオンの加水分解によっても,溶液中に水素イオンが放出される。水中では厳密にはプロトンとして存在するのではなく,水が配位した H3O+ のようなイオンとして存在するといわれる。純水中の水素イオンの濃度は1 l あたり 10-7 グラムイオン (25℃) で,水酸イオン濃度に等しい。水素イオンの濃度の逆数の常用対数が pHである。 (→水素イオン濃度 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいそ‐イオン【水素イオン】
水素原子が電子1個を失ってできた一価の陽イオン。記号H 水溶液中ではオキソニウムイオンH3Oとして存在。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

水素イオン
 水素が電子を一つ失ったイオン.水酸化物イオンより濃度が高い場合は酸性を示す.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいそイオン【水素イオン】
水素原子が電子一個を失った一価の陽イオン。H+ と表し、これは陽子に等しい。溶液中で酸性を示す原因となる。水溶液中では水分子と結合し H3O+(オキソニウムイオン)として存在する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水素イオン
すいそいおん
hydrogen ion
水素の陽イオンH+をこのようによぶ。水素原子の核外電子は1個しかないので、それを失ったH+は水素の原子核すなわちプロトンである。これは大きさが1フェムトメートル(1000兆分の1メートル、10-15m)程度であるから、通常の原子の大きさの程度0.1ナノメートル(100億分の1メートル、10-10mすなわち1Å)と比べるときわめて小さい。したがって、電荷密度がきわめて大きく、ほかのイオンないしは原子を強く分極させる傾向があり、ほかの原子と結合しやすく、自由イオンとしての存在は気体でしかみられない。水溶液中でのいわゆる水素イオンはH(H2O)n+であって、nは4程度、すなわちH9O4+であるとされている。このものの基本はオキソニウムイオンH3O+であって、これに3分子の水が水素結合でつながったものである。通常これらを略して水素イオンといっている。また水素が電子1個を受け入れて、陰イオンH-となるときは水素化物イオンという。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいそ‐イオン【水素イオン】
〘名〙 (イオンはIon) 正一価の水素原子から成る陽イオン。化合物が酸性を示すもとになるもので、含まれる数が多いほど強い酸となる。記号はH+
※子供の科学‐大正一五年(1926)一月号・ラヂオ真空管の発明発達の経路〈小田孝一〉「電解液中の水素イオンと等量の電荷を持つことを主張しました」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水素イオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水素イオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.