Rakuten infoseek

辞書

水生動物【すいせいどうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水生動物
すいせいどうぶつ
aquatic animal
水中あるいは水界に密接に依存して生活する動物。系統発生的にみて水中生活を続けているもの (一次的水生動物) と,陸上生活者が再び水中生活をするようになったもの (二次的水生動物) に区別される。また魚類をはじめ二枚貝類やミジンコなどのように一生を水中でおくるものも多いが,トンボやカワゲラなど昆虫の一部や両生類などのように,一生のある時期のみを水中で生活するものもある。カエルやゲンゴロウなどのように,水中は動き回りの場にすぎず,肺または気管によって空気から酸素を得ているものもある。水の比重の大きさを反映し,遊泳生活,浮遊生活に適した形態をもつものが多く,大部分は呼吸器官として鰓をそなえる。水生動物は動物界のすべての門を含んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいせい‐どうぶつ【水生動物】
水中で生活する動物の総称。海産動物・淡水産動物などに分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいせいどうぶつ【水生動物】
水中で生活する動物の総称。淡水動物・海洋動物に大別。後者は汽水域にすむ動物も含む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水生動物
すいせいどうぶつ
河川、湖沼、地下水、海洋などの水域に生息する動物の総称。水生動物を生活型によって区分すると次の5群となる。アメンボやミズスマシなどのように水面付近にだけ生活するもの(表水動物)、動物プランクトンとよばれ遊泳力のあまりないワムシ、ケンミジンコ、クラゲなど(浮遊動物)、遊泳力に優れた魚類、クジラ類、甲殻類のワタリガニ(遊泳動物)、貝類、環形動物のゴカイやイトミミズ、棘皮(きょくひ)動物のウニ、ヒトデ、ナマコなど水底に生活する(底生動物)、また水面下の岩石や海藻などに付着するカイメン、フジツボなど(付着動物)である。多くの水生動物は水中の酸素をえらや体表から取り入れるが、ウミガメやクジラのように空気呼吸をするものもある。また、カエルのように幼生と成体とで呼吸様式の異なる例は、トンボ、ホタルなどにみられ、幼虫はえらにより、成虫は気管によって呼吸する。地下水中の水生動物にはムカシエビやイドミミズハゼなどがある。[須永哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいせい‐どうぶつ【水生動物】
〘名〙 水中で生活する動物の総称。海産動物・淡水動物・汽水動物に大別。はじめから水中生活をつづけている種類を一次水生動物、水中から陸へ上がり再び水中にもどったクジラ・水生昆虫などを二次水生動物という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水生動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水生動物の関連情報

他サービスで検索

「水生動物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.