Rakuten infoseek

辞書

水滴【スイテキ】

デジタル大辞泉

すい‐てき【水滴】
しずく。水のしたたり。「水滴がしたたる」「水滴がつく」
硯(すずり)に使う水を入れておく容器。水注。水差し。
[補説]書名別項。→水滴

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すいてき【水滴】[書名]
目取真俊短編小説。平成9年(1997)発表同年、第117回芥川賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいてき【水滴】
墨をするために水を蓄え,またに注ぐ容器。形態や大小によって,硯滴(けんてき),水注水盅(すいちゆう),水中丞(すいちゆうじよう),水盂(すいう),蟾蜍(せんじよ)などとも称し,日本では古くは須美須里賀米(すみすりがめ)(《和名抄》),硯瓶(すずりがめ)(《栄華物語》)などともいった。狭義の水滴は,2ヵ所の小孔(風穴と水穴)をあけ,少量のしずくを落とすくふうがなされたものをいう。水滴と一括して呼ぶもののうち,水注は注口と把手をもった水指形を,水盂,水丞などは鉢形や壺形のものをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいてき【水滴】
水のしずく。水のしたたり。
すずりにさす水を入れておく容器。水差し。水注。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐てき【水滴】
〘名〙
① 水のしたたり。水のしずく。
※小学化学書(1874)〈文部省〉一三回「蝋燭の燃ゆるに方りて蒸気の生ずや否やを知らんと欲せば〈略〉玻璃盃を以て之を覆ふべし。燃るときは盃内直に曇を生じ水滴を着くるを見るべし」
② すずりに使う水を入れておく容器。みずさし。水注。
※蔭凉軒日録‐長享三年(1489)七月一六日「徐翁持杉原十帖、古銅牛形之水滴

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水滴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水滴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.