Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

水木洋子【みずき ようこ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

水木洋子 みずき-ようこ
1910-2003 昭和後期-平成時代の脚本家。
明治43年8月25日生まれ。菊池寛主宰の脚本研究会などをへて昭和23年から八住利雄師事。「また逢う日まで」を出世作につぎつぎに映画シナリオを発表。代表作に「ひめゆりの塔」「キクとイサム」「浮雲」など。テレビドラマ,戯曲作品もある。平成15年4月8日死去。92歳。東京出身。日本女子大卒。本名は高木富子。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水木洋子
みずきようこ
(1913―2003)

シナリオ作家。本名高木富子。東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。劇作家を志し、第二次世界大戦後、ラジオドラマ、映画に進出、亀井文夫監督の『女の一生』(1949)が初の脚本、今井正監督の『また逢(あ)う日まで』(1950)が出世作になった。以後も社会のなかの女性の世界を確固としてさわやかに描き、成瀬巳喜男(なるせみきお)監督の『おかあさん』(1952)、『あにいもうと』(1953)、『浮雲』(1955)、今井の『にごりえ』『ひめゆりの塔』(ともに1953)、『純愛物語』(1957)、『キクとイサム』(1959)など女流シナリオ作家の第一人者として評価を高めた。

[千葉伸夫]

『水木洋子著『水木洋子シナリオ集』(1978・映人社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水木洋子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水木洋子の関連情報

関連キーワード

日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門核医学検査[各個指定]工芸技術部門小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学アレックス ロドリゲスアレックス ロドリゲス新聞小説

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.