Rakuten infoseek

辞書

水戸市【みと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水戸〔市〕
みと
茨城県中部,那珂川の下流域にある市。県庁所在地。 1889年市制。 1933年常磐村,1952年上大野村の一部と緑岡村,1955年渡里村,吉田村,上大野村,柳河村の4村と河和田村,酒門村の一部,1957年飯富村,国田村の2村,1958年赤塚村,1992年常澄村,2005年内原町をそれぞれ編入。市街地は那珂川と千波湖に挟まれた細長い台地 (上市) と低地 (下市) を中心に広がる。鎌倉時代に大掾 (だいじょう) 氏が築城,慶長 14 (1609) 年徳川頼房が封じられ,以後徳川御三家の一つ水戸藩 35万石の城下町として発展。頼房とその子光圀 (→徳川光圀 ) によって大規模な城下町としての整備拡張が行なわれ,特に寛文3 (1663) 年光圀が完成させた笠原水道は有名である。明治4 (1871) 年県庁が置かれ,以来県の行政,文化の中心になっている。郊外では野菜,特にゴボウの栽培が盛ん。製粉,食品加工も行なわれる。水戸納豆は特産。商圏はおもに県北に広がる。愛宕山古墳,吉田古墳,大串貝塚は国の史跡。旧弘道館は国の特別史跡に指定される。国指定史跡および名勝の偕楽園は金沢の兼六園,岡山の後楽園とともに日本三名園。ウメの名所としても知られる。水戸城跡,旧弘道館,および偕楽園,千波湖などを合わせた地域は水戸県立自然公園となっている。内原の中崎家住宅は国の重要文化財。白旗山八幡宮のオハツキイチョウは国の天然記念物。国道6号線,50号線,JR常磐線が通る。 JR水郡線,鹿島臨海鉄道の起点。西部に常磐自動車道のインターチェンジがある。面積 217.32km2(境界未定)。人口 27万783(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みと‐し【水戸市】
水戸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水戸市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水戸市の関連情報

他サービスで検索

「水戸市」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.