Rakuten infoseek

辞書

水戸家【ミトケ】

デジタル大辞泉

みと‐け【水戸家】
徳川御三家の一。徳川家康の第11子頼房とする。常陸(ひたち)水戸居城を置き、初め25万石、のち35万石となった。水戸徳川家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みとけ【水戸家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みとけ【水戸家】
徳川御三家の一。徳川家康の第一一子頼房を祖とする。常陸ひたち国を領し、三五万石。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みと‐け【水戸家】
徳川将軍家の親藩で御三家の一つ。慶長一四年(一六〇九)常陸国茨城郡の水戸城に入封した家康の第一一子頼房を祖とする。廃藩置県に至るまで一一代。当初祿高二五万石であったが、元和八年(一六二二)二八万石、元祿一四年(一七〇一)には三六万石となる。二代光圀による「大日本史」編纂開始以来、尊王思想を主柱とする水戸学がおこり、幕末の尊攘論に大きな影響を与えた。分家はそれぞれ松平姓をなのり各地に分封され、定府の家柄であった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水戸家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水戸家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.