Rakuten infoseek

辞書

水成論【スイセイロン】

デジタル大辞泉

すいせい‐ろん【水成論】
すべての岩石は海底に沈殿して生じた水成岩であるという説。18世紀末にドイツのA=G=ウェルナーが唱え、19世紀前半に火成論(かせいろん)に敗れた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

水成論
花崗岩や玄武岩などの岩石は堆積物と同じように最初の海から沈澱して形成されたと主張した初期の地質学の学説.この説はウェルナー[A. G. Werner:1749-1817]の著書および講義を基礎としたもので,ウェルナリズムと同じ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいせいろん【水成論】
すべての岩石は水中で堆積してできた水成岩であるという説。一八世紀、ウェルナー(A. G. Werner1749~1817)が唱えた。 ⇔ 火成論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水成論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水成論の関連情報

他サービスで検索

「水成論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.