Rakuten infoseek

辞書

水府【すいふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水府
すいふ
茨城県北部,常陸太田市中部の旧村域。久慈山地にある。 1955年染和田村と山田村合体して水府村が成立。 1956年天下野村,高倉村の2村と合体。 2004年常陸太田市に編入米作を中心にソバコンニャクなどを産する兼業農家が多い。かつては水府タバコの特産地として知られた。北部は奥久慈県立自然公園に属し,竜神ダムに 1994年竜神大吊橋が完成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐ふ【水府】
水戸(みと)の異称。
海底にあって水神の住むという都。
「いそぎ―へ使いを立てて、竜王を呼び寄せよ」〈根無草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいふ【水府】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいふ【水府】
水神がおさめるという海底の都。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すいふ【水府】
水戸みとの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水府
すいふ
茨城県北部、久慈郡(くじぐん)にあった旧村名(水府村(むら))。現在は常陸太田市(ひたちおおたし)の中西部を占める一地区。1955年(昭和30)染和(そめわ)、山田の2村が合併して水府村となり、1956年天下野(けがの)、高倉2村と合併。2004年(平成16)金砂郷町(かなさごうまち)、里美村(さとみむら)とともに常陸太田市に編入。名称は水府煙草(たばこ)の産地であったことによる。旧村域は、久慈山地にあり、中央の断層谷を北から南に貫流する山田川に沿って走る街道(一部国道461号)沿いに開け、林業、畜産のほかタバコ、コンニャク、ソバなどを産する。東金砂(ひがしかなさ)神社の田楽(でんがく)舞(金砂田楽)は国の選択無形民俗文化財であり、とくに72年ごとに行われる金砂大田楽(磯出大田楽)は有名。1978年(昭和53)に竜神(りゅうじん)峡にダムが完成した。竜神峡は奥久慈県立自然公園域。[櫻井明俊]
『『水府村史』(1971・水府村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐ふ【水府】
[1] 〘名〙 水神が住んでいるという想像上の。水中の都。
※菅家文草(900頃)六・春日行幸神泉苑、同賦花間理管絃「幽蹤似桃源客、雅調将水府仙
※談義本・根無草(1763‐69)前「水辺の事なれば、いそぎ水府(スイフ)へ使を立、龍王を呼寄よ」 〔木華‐海賦〕
[2] 水戸(みと)あるいは水戸藩の異称。
※摂津名所図会大成(1854‐60頃)三「水府の儒士安藤為章命によりて数往来し説をうけ事をとふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水府」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水府の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.