Rakuten infoseek

辞書

水害【スイガイ】

デジタル大辞泉

すい‐がい【水害】
洪水・高波などによって受ける被害。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいがい【水害】
洪水高潮など水が多すぎるために起こる災害の総称で水災害ともいう。広義には水が少なすぎるために起きる干ばつなどを含めたり,水汚染のような公害を含めることもある。 日本は梅雨前線が停滞しやすくまた台風の常襲地帯であるので,暖候期の大雨によって水害が起こりやすいが,日本海沿いの豪雪地帯では春の雪どけによっても洪水が起こることがある。このような気象条件だけでなく,河川は地形の関係から急流が多いことや,山地から平野に出るところの扇状地帯で急にこう配が変わること,さらには火山灰や花コウ岩の風化地帯および断層破砕帯が各地に散在して,大雨時に山腹崩壊,土石流地すべりなどが起こりやすいなど水害の様相も多様である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいがい【水害】
洪水や高潮などの、水による災害。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水害
すいがい
豪雨、台風、雷雨などによる多量の降雨が原因となって生ずる災害。洪水、浸水、冠水、土石流、山崩れ、崖(がけ)崩れなどの被害がこれに含まれる。洪水、浸水、冠水などは平野部の河川流域に多く、莫大(ばくだい)な物質的な損害を与える。浸水、冠水には高潮や津波による場合も含まれ、これらの被害も大きい。[安藤隆夫]

土石流と山崩れ

崖崩れ、土石流、山崩れなどは山岳部の谷間に多く、家屋の倒壊などによる人命の損失が多くなる。都会地では、1時間雨量が20ミリメートルくらいから崖崩れの発生が始まる。土石流は、多量の降水で山の土が飽和し、岩石ともども泥流が急激に斜面を流下してくる現象で、鉄砲水などともいわれる。山崩れは土石流よりさらに規模が大きく、山の斜面が崩落する。土質によっては、下層の地層が水分の飽和によって、上層の山をのせたまま移動する地すべり現象をおこすこともある。[安藤隆夫・饒村 曜]

開発に伴う水害の傾向

近年、都会地の膨張によって傾斜面に新たに宅地を造成することが多くなった。こうした傾斜地の新興住宅地に崖崩れがみられるなど、開発に伴う新しい災害形態も増大している。また、主要河川には洪水調節の機能が備わったダムの建設が進んだことなどから、大河川の洪水は比較的少なくなったが、その反面、中小河川の洪水が多くなった。都市化が進み、中小河川や水田など以前は降雨の排水口や湛水池(たんすいち)の役割を果たしていた土地が、埋め立てられて住宅地に変わると、水の流れも変化した。とくに都会地では、路面の舗装の完備と下水道の整備とにより、雨水が地面へ吸収される割合が著しく少なくなったため、短時間の強い雨でも中小河川への急激な出水をみるようになり、沿岸部の住宅浸水が多くなっている。また、台地上にあって水害は起こりにくいと思われた場所でも水害が発生するようになっている。[安藤隆夫・饒村 曜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐がい【水害】
〘名〙 田畑や人家などが洪水、浸水、冠水、土石流などによってこうむる害。出水の被害。水患。水災。《季・夏》
※続日本紀‐神亀三年(726)一二月丁卯「遠江国五郡被水害、並限三年、令
※史記抄(1477)五「河水が溢れて大に平地に上るぞ。亦言は水害に遭なり」 〔管子‐度地〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.