Rakuten infoseek

辞書

水団【すいとん】

世界大百科事典 第2版

すいとん【水団】
小麦粉のだんごを入れた汁。小麦粉をやわらかめにこねて適当にちぎり,みそ汁やすまし汁で煮る。野菜その他ありあわせの材料を加えて増量することができ,かつ,調理が簡単なため,1923年の関東大震災時や第2次大戦直後の食糧難時代には主食副食兼用の食事として盛んに行われた。水飩,炊団などと書き,水団の語がまず南北朝あたりから見られるようになる。《異制庭訓往来》以下の往来物点心(てんしん)の品目を列挙する個所に登場してくるのだが,それがどんなものだったのかは,《日葡辞書》がSuitonを〈ある種の料理〉としているように,よくわからない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいとん【水団】
とんは唐音
小麦粉を水でこね適当な大きさにちぎり、野菜などとともに味噌汁・すまし汁などに入れて煮た食べ物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐とん【水団】
〘名〙 (「とん」は「団」の唐宋音) 小麦粉などを水でこねて、適当にちぎり、野菜などと共に、味噌汁や醤油味の汁に入れて煮たもの。水飩②。
※参天台五台山記(1072‐73)二「有水団炙夫二種菓
※元和本下学集(1617)「水団(スイトン)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐とん【水団】
《「とん(団)」は唐音》小麦粉の団子(だんご)を入れた汁物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.