Rakuten infoseek

辞書

水冷【すいれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水冷
すいれい
water cooling
機械類や各種炉の高熱に接する部分にを循環させて冷却することで,熱による損壊を防ぐ。水冷内燃機関高炉朝顔および羽口部,原子炉炉心部 (この場合は熱中性子減速材兼用) など,その応用は非常に広い。これは水が豊富低廉な原料で,また比熱が大で冷却能力が大きいからであるが,一面では水の液体温度範囲は常圧で0~100℃と狭く,気化すると著しく冷却能が落ちるので,冷却水温度は常に監視の必要がある。そのため原子炉では液体ナトリウム合金などを冷却媒体とするものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すい‐れい【水冷】
エンジンなどを、水で冷やすこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいれい【水冷】
内燃機関などを水で冷やすこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐れい【水冷】
〘名〙 機械、設備、エンジンなどを冷却する場合に、熱を持ち去る媒体として水を用いること。また、その方法。水冷式。〔原子力(1950)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水冷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水冷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.