Rakuten infoseek

辞書

水俣病【みなまたびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

水俣病
みなまたびょう
熊本県の水俣湾周辺に 1953年頃から発生したメチル水銀中毒による慢性の神経系疾患。公害病の一つ。手足や口周辺のしびれで始まり,言語障害,視野狭窄,運動障害,聴力障害などの中枢神経系の障害が起こる。重症者は回復がきわめて困難で,死亡者も多数出た。この原因は,新日本窒素肥料(のちのチッソ,2011年4月から JNC)水俣工場のアセトアルデヒド製造過程で副生したメチル水銀が持続的に水俣湾へ排出されたことによる。水域中でいったん超希薄濃度にまで希釈されたメチル水銀は,水中生物の食物連鎖を経ることにより魚介類に水中濃度の数十万倍にも濃縮され,その有毒化魚介を反復大量に摂取した人々のなかから発生がみられたものである。さらに,母親の胎盤を通過してメチル水銀は胎児へも移行し,生まれた子供にも特異的な症状が発現した。1968年9月,水俣病は公害と認定された。1969年に水俣病患者は損害賠償を求める民事裁判を提訴し,1973年勝訴,また認定作業の遅れに対して行なった行政不服審査請求も,熊本県の不作為が認められた。そして 1975年に水俣病患者がチッソの重役と水俣工場重役を殺人,傷害罪で告訴したことをうけて,当時のチッソ社長,水俣工場長らが業務上過失致死傷で起訴され,1977年有罪の判決がくだり,初めて刑事責任が明らかとなった。1993年3月には,国と熊本県の過失責任を認める熊本地方裁判所の判決がくだり,1995年9月に被害者への一時金支払いと患者団体への 50億円加算を柱とする最終解決案がまとめられ,1996年5月には関西訴訟を除く 7裁判所で正式和解が成立。40年あまりに及ぶ訴訟に一応の決着がついた。また 1965年頃には,新潟県阿賀野川流域にまったく同様の病気である第2の水俣病(新潟水俣病)が,昭和電工の工場排出物によって発生した。新潟水俣病訴訟は 1971年に企業を加害者とする判決が出され,1995年12月に被害者団体と昭和電工が協定書を結んで最終決着した(→阿賀野川水銀事件)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

水俣病
熊本県水俣湾周辺と新潟県阿賀野川流域で発生した、水銀を含む工場排水による有機水銀中毒症。チッソ水俣工場(熊本県水俣市)のアセトアルデヒド(acetaldehyde)製造工程で触媒として使用された無機水銀が、工程内で有機(メチル)水銀に変化し、排水として水俣湾に流出した。海水や底質中の低濃度のメチル水銀をプランクトン類が吸収し、食物連鎖で生物濃縮して高濃度となったメチル水銀を含む魚介類を食べた水俣湾付近の漁民らが、中枢神経障害を起こすメチル水銀中毒になった。1956年に発見され、熊本県水俣市で発生したので、地名から水俣病と名付けられた。イタイイタイ病に次ぐ第2の公害病に認定された患者は約2300人にのぼり、水銀中毒症状を有しながら認定されず、94年に一律260万円の補償金で和解した約1万人の未認定患者や、発見前に死亡した患者を含めると約2万人が被害を受けた。65年には、新潟県の阿賀野川流域で第2の水俣病が発見。水銀汚染源は、河口から約60km上流の鹿瀬(かのせ)町(現・阿賀町)にある昭和電工鹿瀬工場のアセトアルデヒド製造工程。水銀の流出メカニズムは、チッソ水俣工場と同様だが、川魚類を食べた流域住民に約700人の認定患者と2000人以上の未認定患者を発生させた。未認定患者らは認定を求めて訴訟を起こしており、未解決。
(畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

水俣病
チッソ水俣工場(熊本県水俣市)が不知火海に流した廃水に含まれたメチル水銀が原因の公害病。1956年5月1日、水俣保健所に届けられ、公式確認された。熱さに気づきにくいなどの感覚障害、ふらつきといった運動失調、見える範囲が狭くなる視野狭窄(きょうさく)などの症状がある。根本的な治療法は見つかっていない。
(2018-05-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

みなまた‐びょう〔‐ビヤウ〕【×俣病】
有機水銀による中毒症。中枢神経が冒され、手足のしびれ、言語障害、目や耳の機能喪失を起こし、重症では死亡することもある。水俣市に昭和28年(1953)ごろから発生。チッソ水俣工場の廃水中に含まれるメチル水銀が海水を汚染し、魚介類に生物濃縮され、それを食べて人体内に入るのが原因。昭和40年(1965)ごろ新潟県阿賀野川下流域でも同じ症状の患者が確認された(第二水俣病)。昭和43年(1968)に政府が公害病と認定。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

水俣病
 工場排水によって水俣湾に排出された有機水銀化合物によって汚染された魚介類を食べて,人や動物が冒された疾患.言語障害,歩行失調,視野狭さく,難聴などが起こり,多くの人が死亡した.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みなまたびょう【水俣病】
工場排水に含まれたメチル(有機)水銀が海や川の魚介類を汚染し,それを食べたヒトに発症したメチル水銀中毒。熊本県水俣市で最初発見されたのでこのように呼ばれている。公害病の代表的なものとして内外に有名。 1956年,水俣湾を中心に不知火海(八代海)一帯に発生した水俣病のほかに,65年の新潟水俣病(阿賀野川有機水銀中毒事件)もある。両者ともアセトアルデヒド製造工程で副生されたメチル水銀が原因で,水俣の場合は,新日本窒素肥料(のち,チッソと改名)水俣工場が汚染源であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなまたびょう【水俣病】
有機水銀中毒による慢性の神経疾患。しびれ・運動障害・言語障害・難聴・視野狭窄・四肢麻痺などの症状を示し、胎児にも発現し、重症者は死亡する。化学工場の廃液中の有機水銀によって汚染された魚介類の摂食により、1953年(昭和28)頃から、熊本県水俣湾周辺に集団的に発生。68年に公害病と認定された。新潟県阿賀野川流域でも64年頃同じ病気が発生(第二水俣病)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

水俣病
メチル水銀化合物中毒による中枢神経疾患。化学工場が流した廃液中のメチル水銀化合物によって汚染された魚介類を、長期間、大量に摂取したことから生じた。1956年に熊本県の水俣湾周辺で発生したことから名付けられたが、65年には新潟県阿賀野川流域でも発生が確認された。2009年に水俣病未認定の患者の救済を図る「水俣病被害者救済法」が成立したが、申請期限が12年7月末に迫っており、各地で申請が相次いでいる。
(2012-06-25)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

水俣病
みなまたびょう
熊本県下の水俣湾周辺地域と新潟県下の阿賀野(あがの)川下流地域とに再度にわたって発生をみた有機水銀中毒で、日本の代表的な公害病の一つである。[重田定義]

症状と原因の確定

1953年(昭和28)ごろより熊本県南部の水俣市一帯に特異な中枢神経症状を呈する患者が多発し、死亡率も高いことが注目された。患者の症状は、求心性視野狭窄(きょうさく)、難聴、舌の運動失調による言語障害、服のボタンを留めたり水飲みや書字など日常動作の拙劣、歩きだすと急激な方向転換や停止が不可能となるほか、重症例では起立や起座も困難、手の震え、口囲や指先のしびれ感などがみられ、これらは患者の70~100%に出現した。調査によって、本疾患は水俣湾で漁獲した魚貝類を反復して多食することによる中毒症であり、毒物としては湾奥に排水を注ぐ化学工場から排出された重金属が強く疑われたが、当初は原因毒物が同定できなかった。しかし、その後、工場排水口付近の海底の泥土、魚貝類、患者の諸臓器などから異常に高濃度の水銀が検出され、さらに1961年には魚貝類および化学工場のスラッジ(へどろ)からメチル水銀化合物が検出されたことによって、ようやく本疾患の原因がメチル水銀中毒であることが判明するに至った。
 阿賀野川流域の有機水銀中毒(新潟水俣病ともいう)は、1964年より1965年にかけて阿賀野川下流地域の住民に、水俣病と類似の症状を有する患者が多発したことに始まる。調査の結果、川魚摂取量と毛髪中のメチル水銀量が患者発生地区で明らかな相関を示した。メチル水銀が川魚に蓄積された理由として、熊本水俣病の経験から上流のアセトアルデヒド製造工場の排水によるものと推定されたが、1964年6月16日の新潟地震によって有機水銀農薬が阿賀野川に流出したこともあり、確定が遅れた。しかし、長期間多量の川魚を摂取していた成人女性の長髪中の水銀量を分割的に定量分析することによって、新潟地震以前の毛髪部分に正常値を超える水銀量が検出され、その他の資料とも総合的に判断して、川魚の汚染はアセトアルデヒド工場の排液中のメチル水銀の蓄積であると決定された。
 これらの二つの事件から、水俣病は他の環境汚染による公害病とは異なった性格をもつことがわかる。すなわち、アセチレン接触加水反応によりアセトアルデヒドを大量に製造していた化学工場の排水中に、反応塔内で副生したメチル水銀が持続的に流出して水域を汚染し、水中でいったん、きわめて薄い濃度にまで希釈されたメチル水銀が、水中の諸生物間の食物連鎖を経由することによって魚貝類へ高度に再濃縮され、その有毒化魚貝を反復大量に摂取した人々のなかから発生をみたメチル水銀中毒症、これが水俣病である。[重田定義]

訴訟問題

1959年(昭和34)に熊本大学医学部の水俣病研究班が「新日窒(現チッソ)水俣工場の排水中に含まれるメチル水銀が魚貝の体内に入り、これを多食した者が発病する」という有機水銀中毒説を発表、1961年にはメチル水銀化合物の生成過程を明らかにし、汚染源が同工場であることをつきとめた。しかし、政府が公害病と認定したのは1968年であった。また、1964年から1965年にかけて、新潟県阿賀野川下流沿岸にも同じく水俣病が発生した(新潟水俣病)。これは、上流約60キロメートルにある昭和電工鹿瀬(かのせ)工場(現在の鹿瀬電工)から排出されたメチル水銀が原因であった。
 新潟水俣病の患者や遺族ら77名は、1967年昭和電工を被告として損害賠償訴訟を提起し、熊本水俣病の患者と家族112名は1969年にチッソを相手に訴えを提起した。新潟水俣病訴訟は、1971年9月29日、原告側勝訴で確定し、熊本水俣病訴訟も1973年3月20日、熊本地裁において判決が言い渡され、患者側の勝訴となった。また、1970年4月から「公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法」(健康被害救済特別措置法)が施行され、水俣病患者に対しても医療費支給などの救済措置が講じられるようになった。
 1974年9月、公害健康被害補償法(1973年公布)の施行後は、第2種地域に水俣や新潟の阿賀野川下流周辺地域が指定され、患者認定が行われて、認定患者には協定に基づいて補償金が支払われている。しかし、認定の遅れや認定棄却者が多数出るなどの問題が生じ、熊本では棄却者(および死者1名)14名が第二次水俣病訴訟を提起し、1979年3月、12名が勝訴し、1985年8月16日の控訴審判決でも、行政認定を受けて訴えを取り下げた者を除く5名の原告のうち、4名が勝訴して確定した。さらに熊本では、国と県およびチッソを相手に第三次訴訟が、新潟では国および昭和電工を相手に第二次訴訟が提起され、そのほか、関西在住の被害者および東京在住の被害者も、それぞれ大阪地裁、京都地裁および東京地裁に訴訟を提起した。熊本の第三次訴訟では、1987年3月30日、チッソのほか、初めて国と県の責任が認められた。他方、刑事裁判は1988年3月の最高裁判決で、チッソの元社長と工場長の業務上過失致死罪が確定した。1990年(平成2)9月には東京地方裁判所で「公式発見後34年以上が経過してなお未解決であることは悲しむべきこと」であるとして水俣病裁判の早期解決を勧告した。その後、熊本や福岡、京都の裁判所でも同じような勧告が続いた。しかし、行政の主体たる国は和解を拒否、福岡高等裁判所は1991年9月、和解協議への参加を拒む国の姿勢を批判、93年3月熊本地方裁判所の第三次訴訟第2陣判決で国・熊本県・チッソに対して原告勝訴とした。ついに1995年2月、自民・社会・さきがけの連立与党3党は「水俣病解決について」の解決案を示した。未認定患者1人当り260万円、被害者団体5団体に計49億4000万円の団体加算金を補償する、などとする和解案を提示、被害者側もこれを受け入れた。そして1996年5月水俣市において水俣病被害者・弁護団全国連絡会議(1984年8月結成)とチッソとの間で協定書が締結され、各地の裁判所で和解が成立した。認定患者2263人、救済対象者1万0350人(ほかに新潟関係あり)に及んだ。
 しかし関西訴訟は続き、大阪高裁は、水俣病事件の高裁判決としては初めて国と熊本県の責任を認め、患者の認定についても、感覚障害に関するいわゆる中枢説(大脳皮質の損傷)を採用し、判定方法として舌および指先の2点識別覚検査を重視して、原告患者58名のうち51名について水銀中毒の罹患(りかん)を認めた。この事件は上告されたが、最高裁は2004年10月15日、原審判決を正当として国等の上告を棄却した。水俣病事件に関する初めての最高裁判決であった。その後、熊本県、鹿児島県、新潟県において、患者認定や和解に基づく新保健手帳を申請する者が増加したため、政府は「水俣病に係る懇談会」を設置して解決を目ざし(2006年報告書)、また、与党に被害者救済のためのプロジェクト・チームを設置して新たな解決案を模索したが、解決に至らず、熊本および新潟で新たな複数の訴訟が提起されている。なお、新潟水俣病については、新潟県は独自に救済条例を制定して救済問題の解決を目ざしている。[淡路剛久]
『石牟礼道子著『苦海浄土――わが水俣病』(1969・講談社) ▽宇井純著『公害の政治学――水俣病を追って』(三省堂新書) ▽原田正純著『水俣病にまなぶ旅』(1985・日本評論社) ▽水俣病被害者・弁護団全国連絡会議編『水俣病裁判――人間の尊厳をかけて』(1997・かもがわ出版) ▽水俣病被害者・弁護団全国連絡会議編『水俣病裁判全史』第1巻「総論編」、第2巻「責任編」(1998、1999・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水俣病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

水俣病の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑野村芳太郎川島雄三森一生単層日本自由党原子力産業

他サービスで検索

「水俣病」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.